トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~日野郡日野町篇~ > 堀城

◆ 堀城

【 概 略 】

榎市堀八幡宮境内が城跡と伝えられ、東、西、北、三方の切り断った絶壁を以って天然の要害とし、南には空堀を配して防衛力を高めた城砦と記述が見える。(日野郡史、日野町誌)

堀八幡宮境内を城跡と伝えるが、周辺の田圃に「的場」「馬場」「堀」と字が残ることから、実際の城域は堀八幡宮を含めた広い範囲であったとも推測できる。

 

文献への記述や伝承は極めて少ないが一説には尼子方の守城の一つであったとされている。

後に毛利氏と尼子氏が伯耆での覇権を巡って争い、毛利氏によって尼子氏が伯耆国から駆逐されると当城は富田街道を抑える要衝の一つとして、引き続き毛利氏によって運用が行われたと考えられる。

 

交通の要衝であったことから羽柴秀吉による中国攻めの際に攻撃を受け落城したとも云われ、戦死した毛利方の守将(石ぐろで大殿さんと称す)の墓、二基の五輪塔(鎌倉或いは室町様式)、その他首塚と云い伝えられる石ぐろがあり、地名に「出張」「小休場」「首塚」が残るとある。

 

伯耆志の日野村の条には以下のような記述が見える。

「村の北やや高き処にて東西十間南北六間の地にあり。字を永壽(寿)山と呼ぶ。古城跡と伝うとも仔細詳ならず。勧請年紀の社伝あれども信じ難し。明暦二年の棟札あり」

 

日野郡史には堀八幡宮について以下の記述が見える。

「元は八幡宮。明治元年に堀社とし、明治5年に社格村社に列する。明治6年、堀神社となる」

 

日野町誌では城跡について以下の記述が見える。

「現榎市堀神社。昔は高見之庄で陰陽連絡の要所。道順は法勝寺-二部-津地-高見之庄-明地峠。毛利方の居城であったとされ、前三方は地形上、自然の要害を成す。羽柴秀吉の中国征伐で落城と考えられる。戦死した守将(大殿さん)の墓、五輪二基あり(鎌倉・室町様式)、小休場、出張、首塚の地名あり」

 

富田街道については「広瀬-法勝寺-二部-津地ヶ峠-津地-渡-榎市-別所-三栗-明地峠-花見」とも。

 

堀八幡宮については以下の記述が見える。

「堀神社は戦城の守護神で城跡に建てたもの。遠藤家は城方の子孫と云われる。太夫屋敷、太夫くぼの地名あり」

 

所在地については鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)には所在地が「日野町榎市」となっているが、別所川で区切られた南側は「日野町別所」(北側が榎市)であり、日野郡史にも当時の所在は「日野村大字別所字堀」とある。

【 遠 景 】

堀八幡宮の正面鳥居

北東出丸からの遠望

南西部の様子

北東の出丸

【 見どころ 】

榎市堀八幡宮

現在の榎市堀八幡宮の境内が城跡と云われます。

北東と南西に出丸がありますが、境内には堀切なども見えます。

【 概 要 】

名 称堀城(ほりじょう)

所在地:鳥取県日野郡日野町別所

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(尼子氏)尼子方の守将(毛利氏)不明だが羽柴秀吉の中国攻めにより討死したと伝わる

形 態:平山城

遺 構:郭跡、堀切、竪堀、川堀、土塁、石積

現 状:堀八幡宮、田圃

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志・陰徳太平記・伯耆民談記・伯耆民諺記

・日野郡史(昭和47年4月 日野郡自治協会)

・日野町誌

【城娘】

 

【 縄張図 】

堀城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

不明

不明

天正年間

不明

羽柴秀吉による中国攻め(中国征伐)によって落城したとされる。

※1582年(天正10年)頃と考えられる。

【 写 真 】(訪問日:2014/05/24)

正面鳥居を進むと北二ノ郭に鳥居

北二ノ郭から階段を進むと北一ノ郭

北一ノ郭の西側に竪堀と腰郭

北一ノ郭から主郭へ

主郭の様子(南側から)

主郭西側の腰郭には廃屋

主郭南側の土塁と石積

主郭西端と腰郭の境界

主郭西端と腰郭の境界には土塁

主郭西端から北西の竪堀

主郭南西の堀切

南西の郭跡

南西の二段の郭跡(郭跡に土塁?)

改変を受けた南西部付近の祠

南側にも参道

南側参道にある鳥居

北西から流れる別所川