トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~日野郡日野町篇~ > 黒坂城

◆ 黒坂城

【 概 略 】

築城時期は不明だが中世、もしくはそれ以前に築城とされる山城。

 

関一政が築いた近世城郭は伯耆国鏡山城であり、当城の麓に築かれた新城。

黒坂城主郭があったとされるのは鏡山城跡裏の山頂となる。

【 遠 景 】

東側からの遠望

東側からの遠望

東側からの遠望

聖神社

【 見どころ 】

旧黒坂城

関氏による鏡山城築城の前は西側の山頂に当城がありました。

【 概 要 】

名 称黒坂城(くろさかじょう)

別 名:鏡山城(かがみやまじょう)、亀山城(かめやまじょう)

所在地:鳥取県日野郡日野町黒坂

築城年:不明

廃城年:不明

築城主日野山名氏

城 主日野山名氏

形 態:山城

遺 構:土塁、郭、虎口、井戸跡

現 状:山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志

・日野町誌(昭和45年5月 日野町誌編纂委員会)

・日野郡史(昭和47年4月 日野郡自治協会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

黒坂城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

室町~戦国時代、日野山名氏による築城とされる。

【 写 真 】(訪問日:2013/04/13)

聖神社からの登山道

聖神社からの登山道

聖神社からの道中

聖神社からの道中