トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~日野郡篇~ > 下黒坂城 > 同好会活動日誌

◆下黒坂城【訪問日:2013/07/05】 登城難易度⇒ ★★☆☆☆(普)

東西を河川が流れる丘陵地に所在。八代峯城の支城で在地豪族などの居館跡と伝えられる。

居館があったと考えられる郭跡は畑地となっているが、遺構の原型をよく留めていると云われる。

郭跡の淵は北部を除き全てが切岸状となっており、土塁の上に郭跡があるような印象を受ける。

遺構の中程は1段低い方形の郭跡となっており、切岸と土塁を配して居館とされる郭を守り、

南方からの攻撃に対する防御力を上げる造りになっていると考えられる。

郭跡には井戸跡や石柱跡のような痕跡もあり、詰所や使用人などの住居があったとも考えられる。

南端には中央に土塁を配した郭跡が見受けられ、祠が鎮座している。

南端の郭跡には礎石の跡が多数見られ、石垣があったとも考えられる。

土塁ではなく、見張り小屋の跡とも考えられる。

―概 要―

名 称:下黒坂城(しもくろさか-じょう)

別 名:土居館(どいのやかた)

築城年:不明

所在地:鳥取県日野郡日野町下黒坂

築城主:不明

城 主:不明

文 献:伯耆志、日野郡史

形 態:丘城

遺 構:土塁、郭、虎口(現在は消滅)、礎石、堀、空堀、切岸、井戸跡?、石柱跡?

現 状:畑地・原野

種 類:史跡指定なし

地 図:

―年表―

※詳細不明

―同好会活動日誌―

城?居館?【2013/09/22更新】