トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 石井垣城 > 同好会活動日誌

◆石井垣城

 

【 概 略 】

当城は汗入郡と八橋郡の境界に所在していたと云われる。

伯耆国では珍しい複郭式の構成を持つ大規模な城だが歴史については不明な点が多い。

 

伯耆民談記では「伯耆の糟屋氏」の項などに記述が見える。

「相州糟屋氏の族で当国の守護代、船上山北二里、中山城に拠る」

また、岩井垣城として「箆津豊後守敦忠数代相伝の家城なり」ともある。

 

異本伯耆巻(名和氏紀事、金勝寺本太平記にも同様の記述)では、

「(略)当国の糟屋弥二郎入道元覚中山城に楯籠もりしを(略)」とある。

(金勝寺本太平記では糟屋弥二郎入道元覚を別に明翁と注記がある)

 

諸文献や古記録の記述に見える「中山城」は当城(或いは槙城箆津城)と推測され、

1333年(元弘3年/正慶2年)の船上山の戦いで幕府方の追討軍に勝利した名和長年の逆襲により、

伯耆国小波城に続いて当城も攻められ炎上し落城したとされる(幕府方の糟屋氏は滅亡と云われる)

 

当城はかつての石井垣村内に所在したことから一般的には石井垣城と記される(伯耆民談記)が同じ伯耆民談記には岩井垣城の記述も見える。

因伯古城跡図志では「潮音寺村古城跡」と記されることから別名に潮音寺城とも云われる。

以下、因伯古城跡図志 伯耆国 潮音寺村古城跡の記述(一部現代かな使いに変更箇所有)。

「潮音寺村古城跡、箆津豊後守の居城と申伝え、高十五間にして山にて無之野続也、草木有。後通り二丈位の切崖下は甲川有」

 

城の周囲に張り巡らされた堀に関しては

「堀長三十間、全幅二間位」「同九十間位」「幅二間位」

上記の通り三重の堀があったことが記述され、その西の外側には更に堀跡を残した田地と橋の跡があると記されている。

「此所橋跡有。以前堀の形、当時田地也」

城の大手は「表酉」とされることから西側に虎口があり、ここに橋が架かっていたものと考えられる。(既に埋め立てられ、小屋が建っている)

 

現在は春日神社を含む範囲を城域としているが、古城跡図志の記録者は春日神社(春日大名神)を城域に含んでおらず、

当時は主郭(本丸及び二ノ丸)周辺のみを城域としていたことが伺える。(西側の墓地区画とされる郭跡も城跡に含めていない)

 

1862年(文久2年)の八橋郡赤坂村諸事書上帳には以下の記述が見える。

「村より八丁南、字城ノ内と唱え、箆津豊後守様古城之跡御座候。堀数々墓所五輪等は御座候へ共(略)」

 

1900年(明治33年)の村社春日神社社格昇進願では当城の事を養中山下リ松ノ城としている。

 

城に関する字名には「城ノ内」「上城ノ内」「下城ノ内」「天馬河原」「御墓ノ峰」が見られる。

 

当城の城主であった糟屋氏滅亡後の当城の動向については諸説存在する。

名和長年に従った赤坂幸清が当城に入るが、後に名和長年へ従軍した赤坂幸清が京都大宮で討死すると在地の土豪であった箆津敦忠が入城し、

 以後は箆津氏の居城とする説(時期としては赤坂幸清が京都へ発つ際に後任として任された可能性もある)

赤坂幸清は入城せず糟屋氏滅亡直後から箆津敦忠を城主とする説

 

箆津敦忠が奈良から春日大明神を勧請し建立したとされる春日神社だが、名和長年が勧請し建立したとする説も見える。

しかし、建武の新政における名和長年の動向を見る限りでは信憑性は低いと考えられる。

 

一時期、墓地区画(字御墓ノ峰)に「ふるさとフォーラムなかやま」の建築が進められそうになるが地元有志の陳情、

石井垣城跡保存運動によって施設建物は城域外の現在の場所へと計画が変更された。

そのため町の史跡指定はされていないものの墓地区画は大山町の町有地となっている。

 

城跡の所在地を「鳥取県西伯郡大山町石井垣」とする記述も散見するが「石井垣」に城域は重ならない。

「鳥取県西伯郡大山町赤坂」「鳥取県西伯郡大山町潮音寺」が当城の城域となる。

※船上山の戦いに出てくる伯耆国赤坂城も当城の可能性あり?

【 遠 景 】

本丸への登城口

東側には天然の川掘「甲川(きのえがわ)」

【 概 要 】

名 称石井垣城(いわいがきじょう)

別 名:岩井垣城(いわいがきじょう)、中山城(なかやまじょう)、潮音寺城(ちょうおんじじょう)、

    養中山下リ松ノ城(なかやまくだりまつのしろ)、赤坂城(あかさかじょう)?

所在地:鳥取県西伯郡大山町赤坂、鳥取県西伯郡大山町潮音寺

築城年:不明(船上山の戦い以前の築城)

築城主:不明

城 主:六波羅探題…糟屋重行

    名和氏…赤坂幸清箆津敦忠

    伯耆山名氏…箆津敦忠箆津信清

文 献:伯耆民談記、異本伯耆巻、金勝寺本「太平記」、名和氏紀事、船上山史、大館常興書札抄、

    八橋郡村々諸事書上帳(岩井垣村諸事書上帳、赤坂村諸事書上帳)、汗入郡万覚帳、中山町史、

    新修中山町誌 上巻(平成21年3月 中山町誌編集委員会)、新修中山町誌 下巻(平成21年3月 中山町誌編集委員会)、

    大山町誌、名和町誌、赤碕町誌(昭和49年11月 赤碕町誌編纂委員会)、因伯古城跡図志(1818年 文政元年)、

    赤坂神社明細帳、村社春日神社社格昇進願、中世城郭事典、日本歴史地名大系第32巻 鳥取県の地名(1992年10月 平凡社)、

    新修米子市史、よなご88探宝会-中世城館健やかウォーク-添付資料

形 態:複郭式平山城

遺 構:郭跡、腰郭、土塁、虎口、門跡、空堀、堀切、石塁、切岸、土橋、馬出、櫓台、城主墓所

現 状:山林、春日神社、果樹畑

種 類:史跡指定なし(字御墓の峰は大山町の町有地)

登城難易度⇒★★(普通)~★★★★(修羅)※区画、時期により大きく異なる

【 縄張図 】

石井垣城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

石井垣城略測図(主要遺構名の加筆)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

元弘3年

1333年

船上山の戦いで幕府方の追討軍に勝利した名和長年の軍勢の逆襲により、伯耆国小波城に続いて当城も攻められたとされる。

城主であった糟屋重行が城を放棄して逃走すると名和氏の軍勢によって焼き払われ落城したとされる。

元弘3年

延元元年

(建武3年)

1333年

1336年

幕府方の糟屋重行を打ち破ると名和長年に従った赤坂幸清が当城に入ったとされる。

赤坂幸清名和長年に従軍し、1336年(延元元年/建武3年)に京都大宮で討死したと云われる。

元弘3年~

1333年~

赤坂幸清名和長年に従軍し京都へ向かった前後、在地の土豪であった箆津敦忠が入城したとされ、

以後は箆津氏累々の居城であったと伝わる。

また、赤坂幸清は入城せず糟屋氏滅亡直後から箆津敦忠が城主であるとする説も伝わる。

【 写 真 】(訪問日:2014/02/22、2014/09/14、2014/09/21) 

本丸と二ノ丸を隔てる堀切

ニノ丸の様子(一段低い場所)

本丸と土塁

本丸の様子

本丸の虎口には門跡の礎石があったと云われる

本丸付近の郭跡

本丸付近の郭跡

本丸付近の郭跡

二ノ丸付近の空堀

二ノ丸(空堀から)

天場河原へ続く空堀

天場河原からの虎口?

天場河原は郭跡とされる

昔は天場河原の辺りを甲川が流れていたとある

春日神社の鳥居

春日神社(狛犬は鹿)

遥拝所

春日神社から鷺池(さぎいけ)への道

虫送り

鷺池の祠

鷺池

春日神社南西の郭跡(周辺の地名が潮音寺)

春日神社南西の郭跡

春日神社南西の三条の空堀(北)と土塁

春日神社南西の三条の空堀(中)

春日神社南西の三条の空堀(南)と土塁

大手(表酉)の虎口から空堀(殿さん道?)

墓地区画(西側郭跡)北側の郭跡の空堀

墓地区画北側の郭跡の空堀

墓地区画の北端の郭跡(縄張図)

実際はこの先の北側に郭跡が続く

墓地区画の北端の郭跡の西側腰郭

墓地区画の北端の郭跡の東側腰郭

墓地区画の北端郭跡の土塁(北側)

墓地区画の北端郭跡の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の東側の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の東側の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の東側の土塁と空堀

墓地区画の北端郭跡の東側の土塁と空堀

箆津豊後守の墓を囲む空堀

当城の城主・箆津豊後守の墓

箆津豊後守の墓から鷺池

鷺池(西側)

墓地区画の土塁

箆津豊後守の墓付近には虎口があり

木橋がかけられていたと考えられる

五輪塔(平成26年9月21日現在修復済)

墓地区画の様子

墓地区画(西の郭跡)

金龍山退休寺の勅旨門

箆津敦忠による建立と云われる

この塀こそが後小松天皇との繋がりを

物語るとされる

【同好会活動日誌】

平成26年9月21日に「よなご88探宝会」さん主催の歴史ウォークに参加して

判った情報をまとめていたら予想以上に時間がかかってしまったわね。

ちなみに写真は平成26年9月14日(日)に草刈をしたときに撮ったものが殆どで、

西の墓地区画だけは今年の冬に撮った写真だよ。

…年初に来た時は五輪塔がバラバラだったけど、今は積み直されてるみたい。

一般的には現在の地名を取ってなのか、伯耆民談記にあるからなのか、「石井垣城」という名称が一般的みたい。

但し、城域は現在の「石井垣」には一切かかっていないみたいで殆どが「大山町赤坂」、一部が「大山町潮音寺」となっているわ。

(潮音寺は離れ離れで点在していて、春日神社南西あたりも潮音寺みたい)

 

この城の名前には別名が多くて、伯耆民談記に「岩井垣城」(”石井垣”も伯耆民談記に出てくるけど…)、

伯耆巻や太平記などに出てくる「中山城」、因伯古城跡図志 伯耆国 潮音寺村古城跡から「潮音寺城」、

春日神社関係の文書には「養中山下リ松ノ城」とも書かれていたわね。

 

あと、船上山の戦いで出てくる「赤坂城」も当城の事なのかもしれないわね。

今回の歴史ウォークでは箆津豊後守の末裔とされる箆津さんにお話も聞けたし、

資料は殆ど無いとされていた当城に関しても実は意外と多くの古文書に名前の記録があったりと、収穫はかなりあったね。

実は歴史ウォークの一週間前の草刈ではほぼ全ての遺構を周ったけど、

今回は時間の都合で一部しか周れなかったのは残念ね。

天場河原までの空堀とか面白いのに。

まあ、当日見ることが出来なかった方へは、ウチの写真を見て少しでも

雰囲気を体感してもらえたらと思いますよ。