トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ >小應城> 同好会活動日誌

◆小應城【訪問日:2013/06/16】 登城難易度⇒★☆☆☆☆(易)

【 概 略 】

現在は小鷹神社が鎮座している。

伯耆国小鷹城の支城の一つと考えられるが会見町誌では「丸山固屋」をこの位置としている。

 

川堀の北には伯耆国小鷹城の城主(山田重直親子など)の居館があり、川堀には木橋が架けられ

居館と城とを連結していたとも云われる。

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)に記載の伯耆国小鷹城の欄には

「南西200mに小應城が…」と記載が見えるため、仮称として小應城(こたかじょう)という名称を使用しています。

【 遠 景 】

小鷹神社の鳥居

北の川堀

【 概 要 】

名 称小應城(こたかじょう) ※仮称

所在地:鳥取県西伯郡南部町福成

築城年:不明

築城主:不明

城 主:尼子氏…不明

    毛利氏…山田重直

    吉川氏…山田盛直

文 献:会見町誌、鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

形 態:平城

遺 構:郭跡、堀

現 状:小鷹神社

種 類:史跡指定なし

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

永禄7年

1564年

尼子氏の支配する城であったが、新山要害山城安田要害山城)など

近隣諸城が毛利氏に攻略されると当城も属城になったと伝えられる。

丸山城あるいは丸山固屋の出来事として記述される)

天正13年

1585年

1月、豊臣氏と毛利氏の間で京芸和睦が確定したことにより、

伯耆国堤城の城主、山田重直らは旧領を追われ小鷹城の城主となった。

(当城も小鷹城の支城として統治された)

天正20年

1592年

3月14日、小鷹城主の山田重直が没する。

山田家の家督は次男、山田盛直が引き継いだ。

慶長6年

1601年

関ヶ原の戦いで西軍として戦った吉川広家が岩国へ転封となると

山田盛直ら山田家も付き従い、吉川家の家臣として共に岩国へ移った。

【 写 真 】

川堀

川堀

―同好会活動日誌―

本当にこの場所に城があったのかしら…。

ひょっとしたら山田氏館の一部だったのでは…なんて考えてもしまうわね。

こちらは完全に小鷹神社になってしまっているから山田氏館の方が

土塁も残っていて城跡っぽいよね。

会見町誌には「丸山固屋」として小鷹神社の位置に印がしてあるの。

丸山固屋は多くの説に一瞬で陥とされている城としての描写が見えるから

もしかして…もしかすると…ここが丸山固屋だったりすると面白いかな。