トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡南部町篇~ > 旧西伯郡西伯町 > 山田氏館

◆ 山田氏館

【 概 略 】

伯耆国丸山固屋小應城)跡とされる小鷹神社から小川(川堀)を挟んだ北側に所在する居館跡。

伯耆国小鷹城の城主で毛利氏、吉川氏に仕えた伯耆山田氏の山田重直山田盛直親子の居館跡と地元には伝わる。

 

居館跡には郭跡と土塁が明瞭に残り、南側は川堀で断ち切った上に土塁を配して防御を高めている。

見方によっては虎口と推測される箇所があり、居館跡には戦国時代の土塁であると示す案内板が立っている。

【 遠 景 】

土塁跡

南の水濠

居館の郭跡と土塁

南側の水濠

【 見どころ 】

名君と云われた山田氏の居館

小鷹神社から北に川濠を挟んだ場所が小鷹城の城主、山田氏の居館跡と云われます。

小鷹神社の周辺を丸山固屋と推定されていますが、有事の際は川濠に戸板など橋をかけて移動した可能性が考えられます。

【 概 要 】

名 称山田氏館(やまだしやかた)

所在地:鳥取県西伯郡南部町福成

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(毛利氏)山田重直(吉川氏)山田盛直

形 態:居館跡

遺 構:郭跡、土塁、堀、虎口?

現 状:山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・会見町誌(昭和48年12月 会見町誌編さん委員会)

・会見町誌 続編(平成7年10月 会見町誌編さん企画委員会)

・福田正八幡宮の栞

【城娘】

 

【 縄張図 】

不明

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

永禄7年

1564年

天正13年

1585年

天正20年

1592年

慶長6年

1601年

関ヶ原の戦いで西軍として戦った吉川広家が岩国へ転封となると山田盛直ら山田家も付き従い、吉川家の家臣として共に岩国へ移った。

【 写 真 】(訪問日:2013/06/16)

居館の郭跡

南側の水濠