トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡伯耆町篇~ > 旧西伯郡岸本町 > 丸山代官所

◆ 丸山代官所

【 概 略 】

江戸時代、3郡17ヶ村三千石の大山寺領を治めた本坊西楽院は積雪によって大山寺方面への交通が困難となる冬期、避雪地として丸山村に代官所を置き役僧を派遣し大山寺領の政務を執らせたと伝わる。

 

鳥取縣日野郡八郷村是の代官所の条に以下の記述が見える。

「維新前、大山寺領ノ役所トシテ大字丸山ニ設ケラレ、事務所並倉庫等相備ハリ、政治ヲ行ヒシモ維新ト共ニ廃セラレ、今ハ其遺跡ヲ字堂ノ前に残スノミ」

 

大山御役所略図には24.3間、南北に17.3間の堀で囲まれていたと推測されており、米蔵、年貢受取所、牢屋などの建物があったと記録される。

 

鳥取縣日野郡八郷村是の里坊屋敷の条に以下の記述が見える。

「大字丸山村ニ在リ。当大山寺ガ四十二院アリシ際、各院約六反歩位ノ屋敷ヲ有シ邸宅ヲ構ヘ、雪中院主ノ来リ住セシモ何時シカ荒廃に皈スルト共ニ松林トナリ僅カニ基石ヲ認ムルニ(略)」

 

役僧の住宅として石碑が建てられている場所から東へ300~400m程の場所に里坊屋敷が所在したと伝わる。

大山寺の冬場の厳しい寒さは病気になった場合の療養が出来難い事もあり、療養施設を兼ねていたとも云われる。

 

明治維新の際は国有地に編入され、1906年(明治39年)12月~1909年(明治42年)3月までに大林區署直轄の苗圃地として4町8反歩余が開墾されたとしている。

 

1909年(明治42年)10月26日には丸山村学校基本財産として2町3反3畝16歩が払い下げられ、残り15町7反1畝8歩は今尚国有林として名高し(当時)としている。

 

代官所を囲った堀の外(西側)には大山侍(木村、安田、奥田、遠藤、小谷、羽田)の住居である六軒長屋が付属していたとも伝わる。

 

代官所は明治初め頃まで運用されたと伝わる。

1877年(明治10年)、本坊西楽院が取り壊しになると同じ頃に代官所も取り壊されたとしているが、明治時代(代官所の取り壊し前後?)には芝居小屋があったとも伝わる。

芝居小屋の名残か不明ながら、端に土塁のような土盛が見られる郭跡が残る。

【 遠 景 】

南側からの遠望

南側からの遠望

石碑と案内板

案内板

【 見どころ 】

丸山代官所跡

城砦の明瞭な遺構はありません。

畑地への改変も行われているため、小陣場、大陣場と呼ばれる場所に残る土盛が古墳を利用したものと推測されます。

近くには小野小町の墓と云われる五輪塔があります。

【 概 要 】

名 称丸山代官所(まるやまだいかんしょ)

別 名:丸山御役所(まるやまおやくしょ)、代官屋敷(だいかんやしき)、里坊屋敷(さとぼうやしき)

所在地:鳥取県西伯郡伯耆町丸山字堂ノ前

築城年:1660年(万治3年)

廃城年:1877年(明治10年)頃

築城主本坊西楽院

城 主本坊西楽院

形 態:居館跡(代官所跡)

遺 構:石碑、郭跡?、土塁?

現 状:住宅地、畑地、荒地

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・大山諸事覚書(参考)

・鳥取縣日野郡八郷村是(1913年・大正2年)

・岸本町誌(昭和58年3月:岸本町誌編さん委員会)

・日野郡史(昭和47年4月 日野郡自治協会)

・ふるさと丸山(丸山集落活性化推進委員会著:平成19年3月30日発行)

【城娘】

 

【 縄張図 】

不明

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

慶長15年

1610年

万治3年

1660年

明治10年

1877年

本坊西楽院の取り壊しと併せて代官所も取り壊されたとされる。

【 写 真 】(訪問日:2014/04/05)

目印となる案内板

目印となる案内板

案内板の小道を直進

碑の付近は荒地や廃屋

芝居小屋跡?

「代官所跡」の石碑