トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 宮前館

◆宮前館

 

【 概 略 】

当館跡から西に所在する伯耆国峰山砦、或いは伯耆国古要害を詰めの城とした勢力の居館跡と云われる。

 

伯耆志では宮前村の条、古屋敷の件に以下の記述がみえる。

「社地の北の地名をかく呼びて空堀の形あり。棟札に天文四年、代官藤原某と記せるあり。此人の墟なりと伝へり。尼子の臣なるべし」

 

古くは当地域を支配した藤原氏一族の居館とされ、藤原氏は後に尼子氏へ仕えたとされる。

 

文中にでてくる「社地」とは現在の加茂神社周辺を示すと考えられる。

境内東側から北側にかけて空堀と土塁の遺構が展開し、空堀状の遺構と土塁は館跡まで続く。

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)に掲載の縄張り図では賀茂神社の周辺遺構は記述がなされていない。

【 遠 景 】

南側は賀茂神社への参道が登城道となっている

集落東側からの登城道

賀茂神社

【 縄張図 】

宮前館略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 概 要 】

名 称宮前館(みやまえやかた/みやまえのやかた)

別 名:宮前古屋敷(みやまえこやしき)

所在地:鳥取県西伯郡南部町宮前

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:伯耆山名氏…藤原氏

    尼子氏…藤原氏

文 献:伯耆志、因伯叢書第4巻「伯耆誌」

形 態:居館跡、平山城

遺 構:郭跡、土塁、空堀、竪堀、井戸跡、切岸、礎石

現 状:山林、水田、畑地、墓地、加茂神社

種 類:指定史跡なし

登城難易度⇒★★☆(やや難しい)

 

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

古くから当地域を支配していた藤原氏の居館と伝わる。

西の伯耆国峰山砦、或いは伯耆国古要害を詰めの城として運用したことが考えられる。

藤原氏は後に尼子氏へ仕えたことが記述に見える。(伯耆志)

【 写 真 】

賀茂神社北端、向かって右奥へ空堀と土塁が続く

境内北端の空堀と土塁

空堀は賀茂神社から北の居館跡へと続く

山中の空堀と土塁

山中の竪堀

山中の空堀

縄張り図中央の長方形の郭跡

長方形の郭跡(東端)には礎石

中央の郭跡から北へ下りながら続く空堀、或いは中央の郭跡を意識した大竪堀?

空堀の北側(下)から南側(中央)を見上げる

北側空堀から東側の郭跡(北東方形郭)

北東方形郭には区画分けのため建造されたと考えられる土塁と切岸(畑の境界であった可能性は高い)

北東方形郭の北東端の郭跡と土塁(池付近)

北東方形郭の北東端の郭跡の様子

中央の長方形郭跡の南側に所在する

三段連郭への道

三段連郭下段には井戸跡

井戸跡

井戸跡(上から)

三段連郭下段の様子

三段連郭下段は畦道のような道で区切られている

三段連郭中段の様子

三段連郭中段の様子

この辺りは対猪用の罠があるので危ないです

三段連郭上段の様子

ここも対猪用の罠があり、駆除済の印も…