トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 二部城 > 同好会活動日誌

◆二部城【訪問日:2014/10/12】 登城難易度⇒★★★☆(やや危険)

【 概 略 】

伯耆志の二部村の条、古城の件に以下の記述が見える。

「一は要害山と云ふ。永禄中、足羽将監此に居すと云へり。説足羽氏の下に載す。

 近年、鉄砂を流すか為に城跡大に崩れるといへとも今なほ形様を存す」

溝口町誌にも伯耆志を元にした記述が見える。

「字古城山にあり。西に面する一弧山、足羽将監重成の居城の跡という」

 

伯耆志に見える「鉄砂を流すか為に城跡大に崩れる」の記述を当城に当てはめるとすれば北の郭跡

(二ノ丸、或いは三ノ丸)と考えられる。

現在の北の郭跡は墓地やお堂、畑地へと改変されるが、竹林の一部に土を取ったような痕跡が見える。

(縄張図では北の郭跡にあるL字型の地形部分など)

 

足羽氏について伯耆志では(以下は要約)

「越前国朝倉氏に属した一族。永禄中、織田氏によって朝倉氏が滅ぶと当村へ来り、要害山に住す。

 足羽将監(初代)の子、足羽太郎兵衛某(二代目)の子、理兵衛(三代目)の頃、要害山の居、

 失火により累々の武具家財(貨財)を失った」

と記述が見え、足羽氏三代目の頃に要害山から下山し現在の足羽家住宅の場所へ移ったとされる。

 

郷土史「ふる里 野上の郷」では二部要害城として記述があり、

「 永禄の頃(1558年~1569年)、越前足羽将監重成が二部要害山に来城して傳燈寺の外護を修復した」

とあり、足羽氏と天寧山傳燈寺(でんとうじ)の関係性も伺える。

足羽家住宅についても慶長年間(1596年~1614年)には米子城主中村氏、富田城主堀尾氏通行の

旅宿に供し、寛永15年(1638年)、松江松平侯入封以来参覲の本陣を勤めたと記述が見える。

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)では築城及び廃城を永禄年間(1558年~1569年)

としている。(三代目理兵衛の頃の失火による退去をもって廃城と考えられる)

 

足羽氏については織田氏に追われ二部村へ落ち延びてきた説、縁故を頼って二部村に来た説など

諸説が伝えられているが足羽家にも詳しい話は伝わっていないとのことであった。

【 遠 景 】

南東の高台にある墓地からの遠景

主郭には桜の木が植えられている

(南東の墓地も見張り櫓と思われる)

主郭の西側には石垣が点在している

これは足羽家住宅東側にある郭跡の石垣で

この辺りまでが本来の本丸の城域?

【 概 要 】

名 称二部城(にぶじょう)

別 名二部下要害(にぶしもようがい)、二部要害城(にぶようがいじょう)

所在地:鳥取県西伯郡伯耆町二部(字古城山)

築城年:1558年~1569年頃(永禄年間)

廃城年:不明(永禄年間)

築城主足羽重成

城 主:所属不明(毛利氏?)…足羽重成足羽太郎兵衛某、足羽理兵衛足羽氏

文 献:伯耆志、日野郡史、溝口町誌、ふる里 野上の郷(平成11年12月20日 溝口町二部公民館 著)

    溝口町制施行40周年記念 文化財ガイドブック ふるさと溝口(1993年 溝口町教育委員会編)

    鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

形 態:丘城

遺 構:郭跡、腰郭、帯郭、石垣、礎石、土塁、切岸、虎口、櫓台、空堀(横掘)

現 状:山林、畑地、墓地

種 類:史跡指定なし

【縄張り】

二部城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

永禄年間

1558年

1569年

越前国の朝倉家家臣、足羽将監重成が二部要害山に来城し

天寧山傳燈寺の外護を修復したと云われる。

築城もこの頃と考えられている。

永禄年間

1558年

1569年

三代目足羽理兵衛の頃、失火により居を失い下山、

現在の足羽家住宅の場所へと移ったと云われる。(ふる里 野上の郷)

この失火による退去をもって廃城と考えられている。

【 写 真 】

主郭南東の腰郭は畑地へ改変

左に見える丘が主郭

畑地へ改変された郭跡横から主郭への道

主郭南西の帯郭

主郭南西の帯郭に対する土塁

主郭南西の空堀

主郭南西の空堀には礎石の残骸

主郭南西の空堀と土塁

空堀を進むと終点に虎口と礎石

主郭南西の腰郭

主郭の様子

※マダニが結構な数います(汗。

傳燈寺の向かいから北の郭跡への道

北の郭跡への道

北の郭跡の様子(墓地に改変)

北の郭跡の様子(お堂)

北の郭跡の様子(一部に真砂土採取の痕跡?)

北の郭跡と主郭を結ぶ場所周辺には石垣が点在

北の郭跡から主郭へと繋がる道

(この辺りに石垣が多く残る)

点在する石垣

切岸の上から(大手への道?)

北の郭跡の土塁(真砂土採取の跡?)

二ノ丸(或いは三ノ丸)の遠景

足羽家住宅

足羽家住宅の門

足羽家住宅の裏にある駐車場

この先に石垣が見える場所も

【同好会活動日誌】

当城については足羽将監重成が二部村に入った頃の築城と云われ、

足羽家三代目当主、足羽理兵衛の頃の失火による居館の焼失まで運用された

お城と伝わっているようね。

 

失火による居館の焼失後は麓の足羽家住宅の位置に移ったようで、

こちらは江戸時代から現在までほぼそのまま残っているみたい。

足羽家17代目の当主さんがご存命の頃は屋敷も見学が出来たそうだけど、

現在は見学できるかどうかわからない…と地元の方のお話。

遺構については主郭と二ノ丸を繋ぐ場所に石垣が多くみられたり、

空堀や虎口なども明瞭に残っているわ。

ただ、主郭周辺は崩落の危険があるようで注意が必要!(崩落注意の看板あり)

 

畑地の開墾による改変や、その昔の江戸時代には鉄穴流しが行われたともあるので

明確にはわからないけど、本丸(主郭)の範囲はひょっとすると石垣のある場所

までとも考えられるかもしれないわね。

えー、ちなみにその主郭ですが…多分マダニが結構な数いるようです。。。

写真の笹薮のどこかに。(5分程度の時間で3匹は確認しました…)

くれぐれも肌を露出するような服装で行かれない事を…

いや、正直、あまり行かれない方がいいかも知れないです。

 

主郭に植わっているのは桜の木らしいので、春頃に遠方からお花見するくらいが

丁度いいのかもしれないよ~。