トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 二部上要害 > 同好会活動日誌

◆二部上要害【訪問日:2014/10/12】 登城難易度⇒★★★★(修羅)※スズメバチの巣あり!

【 概 略 】

伯耆志の二部村の条、古城の件に以下の記述が見える。

「一は要害山と云ふ。永禄中、足羽将監此に居すと云へり。説足羽氏の下に載す。

 近年、鉄砂を流すか為に城跡大に崩れるといへとも今なほ形様を存す」

 

伯耆志に見える「鉄砂を流すか為に城跡大に崩れる」の記述は縄張図から当城の事と推測でき、

主郭西側へ不自然に展開する巨大な竪掘状の溝はたたら製鉄の鉄穴流し(かんなながし)による

真砂土採取の痕跡とも考えられる。

 

郷土史「ふる里 野上の郷」では「足羽筑後守久重納経至徳4年(1387年)の記あり」とし、

「これが上要害在城か?」と付記している。

 

溝口町誌では当城(上要害)についての記述は無く二部城(二部下要害)についての記述のみが見える。

「字古城山にあり。西に面する一弧山、足羽将監重成の居城の跡という」

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)では城域の北側に展開する広大な郭跡を居館跡と

推定している。

縄張図では主郭から一つ北の郭跡に井戸跡の記載も見えるが配水池の設置工事による改変のためか

今回は見つけることは出来なかった。(後日再調査予定)

 

足羽氏については織田氏に追われ二部村へ落ち延びてきた説、縁故を頼って二部村に来た説など

諸説が伝えられているが足羽家にも詳しい話は伝わっていないとのことであった。

【 遠 景 】

北側の居館跡とされる郭跡

主郭は配水池施設の建設により改変

【 概 要 】

名 称二部上要害(にぶかみようがい)

別 名二部要害城(にぶようがいじょう)、二部城(にぶじょう)

所在地:鳥取県西伯郡伯耆町二部

築城年:不明(永禄年間?)

築城主:不明

城 主:所属不明(藤原氏?)…足羽久重

文 献:伯耆志、日野郡史、溝口町誌、ふる里 野上の郷(平成11年12月20日 溝口町二部公民館 著)

    溝口町制施行40周年記念 文化財ガイドブック ふるさと溝口(1993年 溝口町教育委員会編)

    鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

形 態:丘城

遺 構:郭跡、腰郭、帯郭、堀切、土塁、切岸、居館跡、井戸跡?、竪掘(鉄穴流し跡?)?

現 状:山林、畑地、配水池

種 類:史跡指定なし

【縄張り】

二部上要害略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

至徳4年

1387年

足羽筑後守久重が納経とある。(天寧山傳燈寺か?)

【 写 真 】

配水池に続く舗装道路が主郭への登城道

鉄穴ながしの跡と考えられる

巨大な竪掘状の溝

主郭南側に展開する四連郭(最上段)

主郭南側に展開する四連郭

主郭から南側に展開する四連郭

四連郭の一部には土塁

主郭北西側の帯郭

主郭北側の井戸跡があるとされる郭跡

※井戸跡は発見できず(後日再調査の予定)

【同好会活動日誌】

当城についての詳細は不明とされているけど、伯耆志には二部村の条、

古城の件に「”たたら製鉄”の鉄穴流し(かんなながし)によって城跡が

一部破壊されたが今も形を留める」という記述が見えるわ。

同じ旧溝口町では三部の野上城の城下に鋳造工房が所在していたことが

最近の調査で判っているので、ひょっとすると近場からも自前で砂鉄を

調達していた可能性も繋がってくるわね。

(現在、野上城の城下で稼動していた鋳造工房は日野郡(福居)の方から砂鉄を

 購入していたと考えられています。※旧溝口町も元は日野郡でした)

凄い竪掘だ!

と、思っていたのに…実は竪掘じゃない可能性が高いんだよね。

残念ついでに…主郭も配水池のタンクが建設されて全壊みたい。

少なくとも調査報告書には載ってないし、タンクも綺麗なので最近建ったのかも。

 

主郭から北に一段下がった郭跡には井戸跡の記載があるけど…

何故か見つからなかったので主郭以外にも改変を受けているかも知れないわね。

 

ちなみに今回は時間の都合で早々に引き上げてしまったので、

次回の伯耆国池田城を調査するときに改めて調べる予定。

再調査後に加筆修正も行います!

あとは北の居館跡と云われる広大な郭跡だけど…

どうもお墓にスズメバチが巣をしているみたいだよ。。。

カチカチ音と凄い羽音がしたので逃げ帰ってきたので写真が無いんだよね(汗。

そのため登城難易度は企画初の「修羅」認定。

冗談抜きで危ないから用があっても寒くなるまで近寄らない方が良いかも。