トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡南部町篇~ > 旧西伯郡会見町 > 高姫方形館

◆ 高姫方形館

【 概 略 】

詳細の一切が不明な居館跡。

居館跡から道路を挟んだ東側丘陵には高姫古墳群が所在しており、古くからこの地で人々が生活を営んでいたことも伺える。

 

縄張は南側への備えを重視した設計となっており、南東に所在する伯耆国高姫根小松砦、伯耆国浅井居館群への備えとして運用されたと考えられるが資料に乏しく推測の域を出ない。

【 遠 景 】

東側からの遠景

東側の集落側に農道

西側の農道

北側の農道

【 見どころ 】

伝・高姫方形館

文献に一切記述が見えない謎の居館跡です。

【 概 要 】

名 称高姫方形館(たかひめほうけいやかた)

所在地:鳥取県西伯郡南部町高姫

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:不明(星川氏が推定される)

形 態:居館跡

遺 構:郭跡、土塁、腰郭、空堀、土塁、井戸跡、横堀

現 状:山林、墓地

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・なし

【城娘】

 

【 縄張図 】

高姫方形館略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

巨勢氏の一族で在地豪族、星川氏の采地であったと云われる。

星川郷、星川荘などの記述は見えるが砦についての記述は見られない。

【 写 真 】(訪問日:2014/02/22)

主郭の様子

主郭と西側の土塁

主郭西側の土塁

主郭西側の土塁

主郭の井戸跡A

主郭の井戸跡B

主郭の井戸跡C

主郭の西側の郭跡

主郭と西側郭跡を隔てる空堀

主郭と西側郭跡を隔てる空堀

主郭と東側郭跡を隔てる空堀

主郭の東側の郭跡

主郭の東側の郭跡

主郭東側の郭跡の西側土塁

主郭東側の連郭跡

主郭東側の郭跡の東側の空堀

主郭東側の郭跡の東側の空堀

東端の郭跡(畑地)

東端の郭跡(畑地)

南側の腰郭(帯郭)

南側の腰郭から南直下の郭跡

北側の農道

北側から西側への農道

北西側からの農道