トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 高姫方形館 > 同好会活動日誌

◆高姫方形館【訪問日:2014/02/22】 登城難易度⇒★☆☆☆☆(易しい)

【 概 略 】

詳細の一切が不明な居館跡。

居館跡から道路を挟んだ東側丘陵には高姫古墳群が所在しており、古くからこの地で人々が生活を

営んでいたことも伺える。

 

縄張り図からは南側への備えを重視した設計となっており、南東に所在する高姫根小松砦と合わせて

浅井居館群の備えとして運用されたと考えられるが資料に乏しく推測の域を出ない。

※所有者・地元の方の迷惑になるため、無許可での侵入はされないようお願いいたします。

【 遠 景 】

東側からの遠景

集落側の登城口

【 概 要 】

名 称高姫方形館(たかひめほうけいやかた)

所在地:鳥取県西伯郡南部町高姫

築城年:不明

築城主:不明(星川氏?)

城 主:不明(星川氏?)

文 献:会見町誌(※直接の記載は無し)、鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

形 態:居館跡

遺 構:郭跡、土塁、腰郭、空堀、土塁、井戸跡、横堀

現 状:山林、墓地

種 類:文化財指定なし

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

巨勢氏の一族で在地豪族、星川氏の采地であったと云われる。

星川郷、星川荘などの記述は見えるが居館についての記述は見られない。

【 写 真 】

北側の登城道

北側登城道と西一ノ郭(腰郭)

西一ノ郭には北側を意識した土塁の名残も

西一ノ郭と主郭を隔てる空堀

西一ノ郭の東側にも低層ながら土塁跡が見える

主郭の様子

西一ノ郭と主郭を隔てる空堀の主郭側土塁

主郭西側の土塁

主郭土塁にはヌートリアの巣穴らしき損傷も

主郭北側の井戸跡(後世の造作?)

主郭土塁付近の井戸跡(後世の造作?)

主郭には3基の井戸跡らしき穴が残るが…

主郭と東一ノ郭を隔てる空堀

東一ノ郭の様子

東一ノ郭は南側が連郭となっている

主郭と東一ノ郭を隔てる空堀の

東一ノ郭側の土塁

東ノ一郭と東二ノ郭を隔てる空堀

東二ノ郭は大部分を畑地へと改変されている

主郭南側の帯郭

主郭南側の帯郭には墓地

【同好会活動日誌】

前回の高姫根小松砦で予想はしていたけど…

こっちも全く詳細がわからない居館跡だったね。

土塁や空堀といった遺構の残存状態は申し分ないけど、

歴史背景など詳細は全くわからなかったわね。

町史や村史だけでは調べられない城跡や居館跡が今後も出てきそうだね。。。