トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡南部町篇~ > 旧西伯郡西伯町 > 外構城

◆ 外構城

【 概 略 】

城郭についての歴史は不明。古城が所在したことのみが伝えられる。

北西約200メートルに伯耆国法勝寺城が所在し、当城はその出城(外構え)であり、東の法勝寺往来の監視を担ったとも推測される。

 

連郭式の山城で山頂の主郭を中心に、北東、西、南東、南西と手裏剣状に郭跡が展開しており、北東の連郭のみ郭跡→堀切→郭跡→堀切と防御面を重視した構造となっている。

【 遠 景 】

南東からの遠望

南西からの遠望

南からの遠望

南からの遠望

【 見どころ 】

法勝寺城の外構え

名称の通り、法勝寺城を外敵から守るための城砦です。

尾高城富繁城(外構城)、福島城と外構城と似たような城郭関係です。

(但し、福島城と外構城は相対したとする説あり)

【 概 要 】

名 称外構城(とがまえじょう)

所在地:鳥取県西伯郡南部町鴨部

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:不明

形 態:山城

遺 構:郭跡、腰郭、堀切、土塁、土橋、井戸跡

現 状:山林

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・伯耆志

【城娘】

 

【縄張図】

不明

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

伯耆国法勝寺城の出城と伝わる。

【 写 真 】(訪問日:2014/02/01)

西側の登山口

北側の登山口

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭東側の腰郭

主郭から南東方面へ連郭

南東方面連郭の終点には五輪塔

南東方面連郭の終点

主郭から北東方面へ連郭

主郭から北東方面へ連郭

主郭から北東方面へ連郭

主郭から北東方面の郭跡と堀切

北東方面の郭跡に土塁

北東方面は郭跡と堀切が連続する

北東方面の堀切

北東方面の堀切

北東方面の堀切

北東方面の堀切

北東連郭の終点は辻堂

埋もれた五輪塔

井戸跡