トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 膳棚山城 > 同好会活動日誌

◆膳棚山城

 

【 概 略 】

伯耆国手間要害北限の防衛(伝令や見張り)を担った城砦と考えられている。そのため当城までを伯耆国手間要害に含める考察も存在する。

麓に鎮座する赤猪岩神社南側には「清水川越し」と云われる小径があり、法勝寺・母衣方面へ通じる主要道路であったとされることから

この小径を監視した施設とも考えられる。(現在も清水井古道として通行が可能)

 

伯耆志では寺内村の条、赤猪岩の項に記述が見える。

「村の西四丁許の山麓に在り。此山は上の要害(伯耆国手間要害)の北に連りて膳棚山又宍道山と呼ぶ。

 往古宍道玄蕃と云う武士当村に居りし故なりと云へし。民諺記に吉川氏に属せる伯耆の将に宍道某あるは同人歟其裔及び屋敷跡あり(略)」

 

会見町誌の記述では

「1564年(永禄7年)4月に伯耆国石井城の城主片山某によって手万(寺内村)の新持山(膳棚山:120m)の固屋に焼き討ちをかけられた」

 

会見町誌 続編の記述では

「膳棚山。赤猪岩神社後方の丸い山で標高は130m。字名を新持山(しんじやま)、別に宍道山、神談山(じんだんやま)とも言われる。

 室町時代、宍道玄蕃が此処に籠もっていたと伝わるが記録には無い。1524年(大永4年)、大永の五月崩れで放逐か?(要約)」

 

伯耆国手間要害の前線基地として物見櫓などの監視施設があった可能性が推測されており、伯耆国手間要害からの死角を見張るための城砦としている。

膳棚山の標高が会見町誌では120m、会見町誌 続編では130mとなっているが、120mは西主郭の天守台、130mは東主郭の天守台の標高である。

【 遠 景 】

西からの遠望

東(赤猪岩神社近く)からの遠望

麓の赤猪岩神社

【 縄張図 】

膳棚山城略測

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 概 要 】

名 称膳棚山城/善棚山城(ぜんだなやまじょう)

別 名:新持山城/宍道山城(しんじやまじょう)、神談山城(じんだんやまじょう)

所在地:鳥取県西伯郡南部町寺内

築城年:不明

廃城年:不明(1564年(永禄7年)以降?)

築城主:不明

城 主:毛利氏…宍道玄蕃

文 献:伯耆志、会見町誌(昭和48年12月 会見町誌編さん委員会)、

    会見町誌 続編(平成7年10月 会見町誌編さん企画委員会)

形 態:丘城・山城

遺 構:郭跡、土塁、横堀、土橋、堀切、切岸

現 状:山林

種 類:文化財指定なし

登城難易度⇒★★★★(修羅)

【 地 図 】 西伯郡内の城跡

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

室町時代

不明

宍道玄蕃が寺内村に居住したとされる(会見町誌 続編)

大永4年

1524年

大永の五月崩れにより落城し放逐されたと推測される(会見町誌 続編)

永禄7年

1564年

4月、尼子方の片山某が毛利方の宍道玄蕃が籠もる新持山(寺内村)の固屋を焼討したと云われる。

【 写 真 】(訪問日:2016/03/12…東主郭群、2016/03/21…西主郭群)

西の連郭から登城すると暫くは石段が続く

西の連郭の様子

西の連郭の様子

西の連郭の様子

西の連郭の様子

西の連郭の様子

堀切西側の土橋状の郭跡

西の堀切

西の堀切

堀切を東に越えた連郭

西主郭の腰郭

西主郭の腰郭から天守台

西主郭

西主郭の天守台

東の土橋(東麓側から)

東の土橋の麓には土橋に対する横堀と土塁

東の土橋の麓には土橋に対する連郭

切岸状の連郭が4~5段残る

大岩が散在している(投石・落石?)

北東郭跡群には縄張図にない5~7段の郭が並ぶ

北東郭跡群(縄張図記載の郭)

北東郭跡群(縄張図記載の郭)

北東郭跡群(縄張図に記載のない郭)

縄張図に記載される道

北東郭跡群(縄張図に記載のない郭)

北東郭跡群(縄張図に記載のない郭)

北東郭跡群(縄張図に記載のない郭)

北東郭跡群(縄張図に記載のない郭)

石礫の集積場?

北東郭跡群には「社日稲倉大明神」を奉った碑

北東郭跡から東主郭へ向かう土橋

東主郭へ向かう土橋

東主郭へ向かう土橋

東主郭へ向かう土橋

土橋の途中には何箇所か切った形跡も

土橋を渡り終えると3連の腰郭

3連の腰郭

3連の腰郭(上から)

3連の腰郭を越えると開けた郭跡

東主郭の帯郭(西)の様子

東主郭の帯郭(西)の様子

東主郭腰郭(南西)の様子

東主郭腰郭(南)の様子

東主郭腰郭(南)の様子

東主郭腰郭(南)の様子

東主郭腰郭(東)の様子

東主郭腰郭(東)の様子

東主郭腰郭(北東)の様子

東主郭腰郭(北東)の様子

東主郭腰郭(北東)の様子

東主郭の様子

東主郭の様子

東主郭天守台の様子

東主郭天守台の様子

東主郭天守台の様子(腰郭より)

東主郭と西主郭を繋ぐ腰郭

東主郭と西主郭を繋ぐ腰郭

東主郭と西主郭を繋ぐ腰郭は土橋状にも見える

東主郭と西主郭を繋ぐ腰郭

【同好会活動日誌】

先ず始めに東側の赤猪岩神社の裏から直登すると、土橋を越え東主郭に向かう途中のシダ藪で迷う恐れがあるので注意。

道中も北側の斜面にはシダが生い茂っていて足元がわかりにくいのではっきり言って登城はおススメできないわね。

 

西側は途中まで登山道のような石段があるので多少は楽だったけど、途中から西側の斜面にシダ藪が現れるので

こちらもちょっと危険。東側に比べれば近くを迂回できるのでマシだけど…

 

棘もいたるところに自生していて山を下りる頃には血まみれ…の危険もあるので登るにしても最低限の装備が欲しいわね。

今回は東西に分けて2日間でそれぞれ登城してきたけど東西どちらも主郭には長方形の天守台が存在したね。

道中は厳しい道のりだったけど、どちらの天守台も藪は殆ど無くて辿り付けた時は感動したよ!

連郭の連なる郭数は圧倒的だけど、道中に目立った防御施設といえば西の堀切と東の土橋くらいかな?

どちらの主郭にも土塁など篭城戦を行うことに適した施設を見つけることができなかったので…

戦うための城砦というよりは見張りや伝令専用の簡素な施設があったと思える印象を受ける山城ね。

 

片山某が焼討を仕掛けたとも云われる場所だけど城として後々利用する気なら焼討は最終手段になるので、

とにかく城(伝令所)としての機能を封じるための焼討だったと考えるとやっぱり簡素な伝令施設程度なのかな?

そんな簡素な施設…としてまとめられそうな今回のお城ですが探検の時は何度も迷ったね~(><

シダが覆っているからか方向感覚狂って北に向かったつもりが西に進んでいたり、南に向かったと思えば東に出たり…

方位計持ってても藪を突っ切るときに見てる暇が無かったりするけど最低でも自分がドコを歩いているかわかる装備は

欲しい城跡だね。

 

若干下草を刈ってやれば見所のある連郭が出てくる楽しい城跡になりそうなんだけどな~

ちなみに今回は300枚くらい写真とって半分がシダばっかり。いったい何の写真を撮りに行ったやら…