トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~境港市篇~ > 高岡城 > 同好会活動日誌

◆高岡城【訪問日:2013/11/06】 登城難易度⇒☆(楽)※学校の敷地内です!

※この度の取材及び写真撮影は境港総合技術高校さんのご理解、ご厚意により許可を得て行っています。

 校内への無断侵入はもちろん、教員の方や生徒さんに迷惑をかける行為はされないようお願いします。

【 概 略 】

伯耆志 竹内村の条、廃墟の件では以下の記述が見える。

「高岡城跡と古松三幹あり。往古武良某、此所に居りしと云えり。

 今、村中其の裔あり。(略)伝、境村新八幡宮の下に記す」

 

竹内町薬師講保存会の著した「史実と系図 竹内町四百年史」では境工業高校(現境港総合技術高校

グラウンド中央付近に城郭が所在したと記される。(グラウンド中央付近の旧字は高岡)

 

城跡付近には五輪塔、五輪塚が多数存在していたようで古老の云い伝えによれば五輪塚から出土した

人骨は車で数台分もの量があったと云われる。(現在、五輪塔は大同寺に移され境内に安置されている)

 

五輪塔が移された大同寺境港総合技術高校から南に200メートル程の位置に所在し、

かつては北側の旧街道で当城と繋がっていたと伝わる。(現在も途中までは道が残っているそうです)

境内に所在する小磯神社は亀井秀綱の家臣で乳母の夫、小磯又四郎を弔った社とも云われる。

 

周辺の旧字に「岡才仏」「灘才仏」と見えるのは当城の戦い及び乳母ヶ池の戦い(小磯合戦)で

多くの亀井方の武士が戦死したとされることへの弔いの気持ちを込めて「才仏」と付けられたと云われる。

【 遠 景 】

城跡が現在の境港総合技術高校

グラウンド中央に所在したと云われる

「史実と系図 竹内町四百年史」に掲載の

写真と同じ角度で撮影

【 概 要 】

名 称高岡城(たかおかじょう)

別 名:高城(たかしろ)

所在地:鳥取県境港市竹内町(字高岡)

築城年:不明

築城主:不明

城 主:尼子氏…武良内匠頭

文 献:伯耆民談記、境港市史、伯耆志、史実と系図 竹内町四百年史(竹内町薬師講保存会)

    異説小磯伝記

形 態:平城・海城

遺 構:不明

現 状境港総合技術高校(グラウンド)

種 類:史跡指定なし

【縄張り】

存在せず

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

築城年及び築城主は不明。

尼子方の出雲国鈴掛山城鈴垂城)の支城として伯耆側(弓ヶ浜半島)

に当城、伯耆国先白手城、伯耆国佐斐神城の3城を配して境海峡の

守備を担った。

永禄9年

1566年

3月20日、当城の城主であった武良内匠頭が自身の還暦祝いと称し

主君であった尼子家の宿老、亀井秀綱と主従二百余名を当城の陣屋へ

招いたとされる。

 

この時すでに武良内匠頭は毛利方へ内通していたと云われ、

亀井秀綱が留守中の出雲国鈴掛山城へは毛利方の伯耆国尾高城の城主、

杉原盛重率いる二千余騎が軍船多数を従え美保湾より攻略に向かったと

される。

出雲国 鈴掛山城からの早馬で危急を知った亀井秀綱は若君の清若丸

乳母の夫、小磯又四郎を当城に残し境村まで引き返すも時すでに遅く、

出雲国鈴掛山城杉原盛重によって落城とある。

亀井秀綱は境の海岸(一説には現在のJR境港駅周辺)にて

無念の切腹をし果てたとされる。

亀井秀綱武良内匠頭が毛利方へ寝返った事を知らず、

清若丸と乳母らを当城へ預け出雲国鈴掛山城へと向かったと云われる。

 

当城に残された清若丸と乳母、小磯又四郎武良内匠頭の反乱に遭うが

城内に残っていた亀井方の武士達によって城を脱出したとされ、

現在の大同寺境内にあった小池(乳母ヶ池、小磯池)近くの草むらに

潜んでいたところ、清若丸が草の穂先で目を突き泣き叫んだところを

武良方の兵に発見されると小磯又四郎は「もはやこれまで」と清若丸

首を斬り落とし地中に深く埋めた後、乳母と共に切腹し果てたと伝わる。

(乳母ヶ池の戦い、小磯合戦)

 

異説小磯伝記では亀井秀綱らが当城へ赴く途中、一行は現在の

境港大港神社付近にあった坂江(境)大明神で祈祷を受けている。

その際に家老の手島四郎五郎は不吉な予感があるとし武良内匠頭からの

誘いを断るよう亀井秀綱に諫言を行ったが聞き入れられず、結果として

境の海岸で切腹し果てるという記述があり、こちらが史実とも云われる。

【 写 真 】

 

城跡とされる場所から校舎の眺め

グラウンドは2つある

北側が城跡と推測されている

城跡から南には大同寺

城跡付近の五輪塔や五輪塚からの遺骨は

大同寺に移されている

小磯神社

小磯神社からは小磯又四郎を祀った祠が見える

乳母ヶ池(小磯池とも)

小磯又四郎を祀った祠

現在は完全に干上がってしまった乳母ヶ池

乳母の松(手前の松は6代目?)

―同好会活動日誌―

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)だと境港の城跡は

境台場しか出てこないけど、探せばやっぱり出てきたね。

島根半島には伯耆国方面を見張るように鈴掛山城を始め3つの城があったのに

弓ヶ浜半島に一つもないというのは不思議だったからね。

 

今回の探検では出雲国鈴掛山城の支城として伯耆側の弓ヶ浜半島には当城、

佐斐神城先白手城の3つの城があった事が判ったわ。

 

けど、基本的に大きな建物や道路の建設前には発掘調査が行われているはずだけど

旧境港工業高校の建設に当たっての発掘資料は見つけられないわね。

どこかに眠っているとは思うのだけどね。。。

お城もだけど城主とされる武良某ってまさか。。。

境港市、いや鳥取県が全国に誇れる妖怪漫画の巨匠、水木しげる先生の

祖先にあたる一族と考えられているそうよ。

水木しげる先生の武良家は江戸時代に回船問屋を営んでいた豪商。

その更に先の祖先が今回の城主として名前が出てくる武良内匠頭らしいわ。

そのご先祖の一族は境港出身なの?

残念ながら境港ではなくて元々は島根県の隠岐の島が出身らしいわよ。

島根県隠岐郡隠岐の島町中村の旧字に「武良」という地名があったそうで

古くは平安時代に成立した百科事典「和名類聚抄(和名抄)」という書物にも

記されているそうよ。

大同寺に水木しげる先生が尋ねてこられたとか。

某国営放送で連続ドラマが始まる数年前の話のようだけど、確かに大同寺

訪ねて来られたそうよ。

時期的にドラマの成功祈願ではないようなので純粋にご先祖様を参りに

来られたのではないかと大同寺の方に伺ったわ。

関係は全く無いかも知れないけど結果としてドラマは大成功だったので、

もしかするとご先祖様からありがたいご加護的な何か…

があったのかもしれないわね。

えーっと、学校のグラウンドになる前に大量の骨が出てきたって…

しかも車に数台分って。。。

恐らくは毛利方に寝返った武良内匠頭が地引網を披露すると偽って招いた

亀井秀綱の主従二百余名、と考えるのが妥当かしら。

この時の「小磯合戦」以前にも弓ヶ浜半島では伯耆山名氏と尼子氏との

「境松の合戦」や「弓ヶ浜の合戦」など度々大きな合戦も起きているので

合戦に由来するのでは…とも考えられそうね。

 

けど、

・旧字に「才仏」と付く地名がいくつかある点。

・五輪塚が整備されそれぞれに五輪塔が建てられている点。

 (物によっては尼子方の人物と特定できる物もある)

・当時の境港に住む人のほとんどが尼子方の人間であった。

…以上の云い伝えなどから考えると、当城での戦いで亡くなった尼子方

(亀井方)の将兵を地元の住民が偲んで埋葬を行ったのでは…

とは考えられないか?

 

毛利方に寝返った武良内匠頭のその後が不明なので推測になるけど

戦いの後も健在でありそのまま当城を任されたとすれば寝返ったとは言え、

元々は同じ主君に仕えた者同士で旧交のあった者を弔った事も考えられるけど、

もしも毛利方の武将が城を任されたとすれば城の近くに敵方(尼子方)の埋葬を

許したのかどうか…。

そう考えると武良内匠頭がそのまま城を治めた可能性も出てくるわね。

境港には城がない…

と思っていたけど、まさか場所の特定までできるとは思っていなかった当城。

これで伯耆国でお城が無いと云われるのは日吉津村だけとなりました~。

日吉津村は尼子再興戦で合戦の舞台にはなるけどお城(砦・陣)の所在は

判ってないのよね。