トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~東伯郡篇~ > 鳥取藩台場 赤碕台場 > 同好会活動日誌

◆鳥取藩台場 赤碕台場【訪問日:2013/09/14】 登城難易度⇒☆☆☆☆☆(楽)

JR赤碕駅から500mほど北に進み国道9号線を渡り、更に200mほど北に進んだ位置に所在する。

江戸後期~明治初期頃の地図には松林の中に孤立した状態で半円状の台場が描かれていた。

現在は埋め立てられた郭跡の上に縫製工場跡地の基礎を残した状態となっている。

案内板も本来は道路沿いにあったはずが、敷地の中ほどに朽ち果てた状態で放置されていた。

 

尚、近年まで売り地として看板が出ていて個人が台場を手に入れるチャンスもあったようですが…

現在はその看板も撤去されていました。

改めて琴浦町教育委員会に伺ったところ平成25~26年度中に試掘調査が行われるそうで、

調査の成果によっては国指定の文化財に返り咲く可能性もあるらしい…とのこと。

海岸に残る鳴り石の浜の石塁も赤碕台場に由来するかも知れないので、合わせて調査結果が楽しみです。

土塁内側の郭跡は埋め立てられ、台場に由来する郭跡の遺構は消滅。

現状は辛うじて土塁と埋め立ての境界が判別できるかな?といった状態。

海側から見た土塁外側。唯一現存する土塁としての遺構を見ることができる。

土塁の基礎には石垣の礎石が見える。

―概 要―

名 称:鳥取藩台場 赤碕台場(とっとりはんだいば-あかさきだいば)

築城年:1863年(文久3年)

所在地:鳥取県東伯郡琴浦町赤碕

築城主:鳥取藩主・池田慶徳

統括官:鳥取藩郷士・武信佐五右衛門

文 献:赤碕町誌

遺 構:土塁(郭跡は埋立)、石塁?(鳴り浜の石)

武 装:六尾反射炉製 砲台3門(鉄造十二斤砲×1門、御銘入鉄造五寸径砲×1門、鉄造三斤砲×1門)

    ※非現存

現 状:工業用地(史跡調査待ち)

種 類:史跡指定なし(今後の調査・発掘・復元によっては国指定文化財へ登録の可能性あり)

地 図:

―年表―

年号 西暦 出来事

文久3年

1863年

在地豪農で鳥取藩郷士、武信佐五右衛門が資金を提供し、

赤碕の松林に半円状の台場建設が開始された。

完成時期は不明だが年内、あるいは翌年には完成したと思われる。

―同好会活動日誌―

伯耆で唯一史跡指定されていないお台場【2013/10/27更新】