トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~米子市篇~ > 稲吉城 > 同好会活動日誌

◆稲吉城

 

【 概 略 】

 

城山古墳群と小枝山古墳群に所在した城跡と推定され、鎌倉時代の土豪、稲井瀬五郎三郎弘義など稲井瀬氏の居城と云われる。別名小枝城。

毛利家に伝わる文章では「稲石城」と見える。

城跡所在地の特定はなされていないが稲吉集落の北に城山(じょやま)の字が見える。

 

宇田川村史では稲石城址の項に以下の記述が見える。

「永禄12年、尼子再興戦で尼子方に恢復された十五城のうち、伯耆三城の一つ。

 本村に今、城山(じょやま)と称する地あり。これ其遺跡なるべし(略)稲石城と淀井城とは相封峙して(略)当時の国道が東高麗村から

 寺内村を経て稲吉村へ入り戸構、福頼を過ぎ尾高へ通じたとある」

 

1333年(元弘3年/正慶2年)、佐々木清高の求めに応じて船上山で幕府方として戦った稲井瀬五郎三郎弘義が戦死した後の稲吉村と稲井瀬氏の動向は不明。

予てから不仲であった名和氏によって粛清・排除されたと考えられる。

 

伯耆山名氏が伯耆国を支配した頃は藤原氏、尼子氏が伯耆国を支配した頃は大山寺(経悟院)が領したと云われ、

1569年(永禄12年)~1571年(元亀2年)、山中幸盛らによる第一次尼子再興戦では経悟院からの援助の下、伯耆国末吉城が毛利方に反旗を翻すと

伯耆国淀江城と共に呼応し尼子方へ与した拠点(伯耆三城)の一つとして挙げられる。

山中幸盛が伯耆国末吉城から敗走した頃か伯耆国寺内城が陥ちた頃(いずれも同年8月)に当城も併せて落城したと考えられる。

 

1591年(天正19年)、吉川広家の領地には「七十五貫 稲吉」とある。

 

地元の伝承には1524年(大永4年)、大永の五月崩れで伯耆国諸城が落とされる中、当城も尼子方の軍勢によって包囲されたと云われる。

当時は伯耆山名氏配下の藤原氏が治めており、山中に土管を敷き飲み水の確保など備えは万全の難攻不落の城であったとされる。

しばらく籠城戦が続くが、城主の母が息子の助命と引き換えに当城の水源が後方(東?)の山中であると尼子方に教えたことにより水を絶たれ落城、

尼子の兵は助命の約束を破り城主を殺害したとされる。

 

この伝承は伯耆国北尾城にも似た伝承が残るが当城に伝わる伝承の方が時代が古い。

伯耆国北尾城の伝承では時代は天正年間、籠城したのは毛利方で水源(トヨヶ口)は行松方が聞き出している。

 

城山には多数の古墳や石室が存在する。

東の山から山中を土管など水路を使って水を引いていた伝承と、筒状の土管が出土していることから井戸跡のような穴は石室が埋まったものや

倒木跡とも考えられる、城域には湧き水も多数存在するようである。

 

他にも伝承として伯耆国岸本要害から別所一族が移ってきたとも伝えられている。

【 遠 景 】

北側からの眺め

東側からの眺め

城山古墳群の麓

【 概 要 】

名 称稲吉城(いなよしじょう)

別 名稲石城(いないしじょう)、稲井瀬城(いないせじょう)、小枝城(こえだじょう)

所在地:鳥取県米子市淀江町稲吉

築城年:不明

廃城年:不明

築城主稲井瀬氏

城 主:鎌倉幕府方…稲井瀬五郎三郎弘義稲井瀬氏

    伯耆山名氏…藤原氏

    尼子氏…不明

    毛利氏…不明

文 献:宇田川村史(大正4年9月:鳥取縣西伯郡宇田川村役場 足立正編)、汗入史綱(昭和12年9月:国史研究部 本田皎)、

    伯耆之巻(「群書類従」所収)、町政百周年記念 淀江風土記(平成元年12月 淀江町役場)、淀江町誌(昭和60年8月 淀江町)

形 態:丘城・海城

遺 構:郭跡、土塁?、堀切?

現 状:山林、畑地、城山古墳群、小枝山古墳群

種 類:史跡指定なし

登城難易度⇒★★★(難しい)

【 地 図 】 米子市内の城跡

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

元弘3年/正慶2年

1333年

在地土豪、稲井瀬五郎三郎弘義が稲吉村を治めたと伝わる。

佐々木清高の誘いに応じ鎌倉幕府方として後醍醐天皇方と戦い、稲井瀬五郎三郎弘義は船上山の戦いで戦死とある。

大永4年

1524年

大永の五月崩れによって落城。この時の城主は伯耆山名氏の配下、藤原氏とされる。

永禄12年

元亀2年

1569年

1571年

伯耆国が尼子氏による支配の頃、大山寺領(経悟院)と云われる。

山中幸盛らによる第一次尼子再興戦では経悟院から援助の下、伯耆国末吉城が毛利方に反旗を翻すと、

伯耆国淀江城と共に呼応し尼子方へと与した。

山中幸盛が伯耆国末吉城から敗走した頃か伯耆国寺内城が陥ちた頃(同年8月)に当城も併せて落城したと考えられる。

【 写 真 】(訪問日:2015/05/16) 

城山古墳群の様子(北側)

城山古墳群の様子(北側)

城山古墳群の様子(正面は土塁?)

城山古墳群の様子(北側頂部)

城山古墳群の様子(北側頂部)

城山古墳群の様子(堀切付近)

城山古墳群の様子(堀切部)

城山古墳群の様子(南側頂部)

城山古墳群の様子(南側)

城山古墳群の様子(南側)

城山古墳群の様子(南側)

城山古墳群の様子(堀切)

城山古墳群の様子(東側)

城山古墳群の様子(東側堀切)

矢穴の見える石

城山古墳群の様子(石室)

城山古墳群の様子(石室)

城山古墳群の様子(石室)

―同好会活動日誌―

尼子再興戦で伯耆国末吉城の蜂起に呼応した伯耆三城の一つとして名前の出てくるお城ね。

正確な場所は特定されていないけど、稲吉集落の北側に所在する城山古墳群や小枝山古墳群を利用した城跡と

考えられているみたいよ。

 

城主の稲井瀬五郎三郎弘義の「稲井瀬」が「稲吉」の地名の元になったと云われる説と、

地名の「稲吉」から「稲井瀬」と名乗った説があるみたい。

地元の方に取材したところ、「小枝城」と呼ぶ方が多かったね。

小枝山古墳群の方が水源とされる山っぽいね。

戦いに関する情報だと城主の稲井瀬五郎三郎弘義が船上山の戦いに参加した記述が見えるけど

城跡に関する情報は伝承にしか伝わっていないみたい。

 

伯耆国北尾城に伝わる「トヨヶ口」の伝承と似た内容だけどこちらは大永の五月崩れの時の伝承で、

もしかすると伯耆国北尾城の伝承の元になったのかも知れないわね。

城跡の場所についてはわからないけど城山古墳群の所在する山中には古墳や石室が見えるので、

整備されると観光地にはいいかもね。

 

ちなみに写真にある檻だけど…猪用みたい。

最初に行った時は熊が出ると思ってすぐに引き返しちゃったよ…