トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~米子市篇~ > 山市場砦 > 同好会活動日誌

◆山市場砦【訪問日:2013/06/23】 登城難易度⇒★☆☆☆☆(易)

【 概 略 】

現在の東堀神社境内とその周辺に砦があったと伝えられる。

元来、四日市村と山市場村は一つの村であったが元和年間に寺社領の検地が行われ、

北部を公領として四日市村、南部を安養寺領として山市場村の二村に分割された。

当砦は安養寺領に所在する。

 

歴史背景は不明だが、東を流れる日野川は当砦の天然の堀として運用された一方、

氾濫時には少なからず被害を受けていたとも考えられる。

【 遠 景 】

東側からの遠景

東堀神社の境内

【 概 要 】

名 称山市場砦(やまいちばとりで)

所在地:鳥取県米子市福市

築城年:不明

築城主:不明

城 主:不明

文 献:伯耆誌、鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

形 態:平城

遺 構:郭、土塁、横堀、堀、切岸?

現 状:東堀神社、墓地、畑地、山林

種 類:史跡指定なし

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

元弘2年

(元徳4年)

1332年

鎌倉幕府倒幕に失敗した後醍醐天皇が隠岐へと配流される際、

随行した皇女、瓊子内親王の隠岐への同行は許されず、

当地に留まったことが安養寺の開基となったと伝わる。

元和年間

不明

元和年間(1615年~1625年)の頃、寺社領の検地が行われ、

北部は公領として四日市村、南部は寺領として山市場村に

区別されたと伯耆志に記される。当地は安養寺の寺領とされた。

宝暦12年

1762年

旧7月15日、日野川の洪水により山市場村の安養寺領が流出。

旧8月9日、さらに5尺ほど高い水嵩の風水害に見舞われた。

【 写 真 】

北西側からの登城口

北西登城道には土塁と郭跡

北西の土塁

登城道を進むと東堀神社

北西の土塁

北西の郭跡

見張り櫓を置くには丁度良い広さ

北西の郭跡の麓には横堀

見張り櫓の郭跡の防衛用?

南側からの登城口

登城道途中は切岸となるが民家の改変?

東堀神社の鳥居正面の畑地は一段高い

礎石の残骸

東側の切岸

東堀神社の境内

―同好会活動日誌―

山市場砦は現在の東堀神社周辺にあったことが伯耆誌に記されているけど、

砦に関する歴史や城主、城番となった武将の詳しい情報は解らないみたいね。

 

人間同士の戦いよりも日野川の氾濫との戦いの方がメインといった感じね。

「鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)」にも、

「境内に土塁らしきものが残ってる」

…としか書いてないもんね。

砦の歴史は不明だけど、近くの安養寺には後醍醐天皇と縁があるみたいよ。

 

鎌倉幕府の倒幕に失敗した後醍醐天皇が隠岐に配流される時、父を慕って

随行した皇女の瓊子内親王だけど父との同行は許されず、当地に留まり剃髪して

西月院安養尼と号したそうよ。

後に後醍醐天皇が京に戻り建武の新政が行われ、後醍醐天皇が念持仏の

阿弥陀仏を授けて寺院を建立させたのが安養寺の開基とされるそうよ。

安養寺の他には日野川との戦いの歴史があるよね。

山市場村は日野川流域で、日野川の氾濫についての記述が目立つわね。

安養寺は日野川の氾濫の度に流されてしまったそうだけど、

その都度、村の有志によって再建がなされたみたいよ。

山市場村が元々は四日市村と同じ村だったって事は…

北西の戸上城とも少なからず縁がありそうだよね。

ひょっとしたら戸上城の出城的な砦だったりするとか?

その可能性は考えられるわね。

戸上城は残存する遺構からはちょっと考えられないけど、

最近の調査で実はかなり大規模な城かも知れない…という仮説も出てきているし。

 

関連する情報が出てくることが楽しみね。