トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > あ行(い) > 一条 市介

一条市介(いちじょう-いちすけ)

【氏】不明【姓】不明【名】一条【通称】不明【諱】市介

【所属】毛利氏

【官位】不明

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

毛利家の家臣。伯耆国河岡城、伯耆国大江城(八橋城)の守将を歴任した。


1563年(永禄6年)、山田満重の部将として河岡城の守将として入城。

 

同年7月3日、尼子方の襲撃では戦場にて銃撃を受け負傷するが河岡城を守りきった。

この銃撃の記述が伯耆国内の戦で初めて鉄砲の使用を記す記述とされている。

 

大江城(八橋城)でも守将としての記述があり、600名の兵と共に城の防衛を担っている。

 

1564年(永禄7年)7月22日、因幡鹿野合戦において戦功を挙げており、吉賀頼貞土屋七郎左衛門らと共に感状を賜った。