トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > は行 > 藤井内蔵

藤井内蔵(ふじい-くらのすけ)

【氏】不明【姓】不明【名】藤井【通称】内蔵【諱】不明

【別名】藤井蔵人(ふじい-くらんど)、藤江蔵人(ふじえ-くらんど)

【所属】尼子氏⇒毛利氏

【官位】蔵人・内蔵允?・内蔵助?

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

蜂塚氏の家臣。江美城南側の出丸、宇佐木丸から白尾谷を隔てた南の丘陵西岸に所在した城ノ尾丸の城主と伝わる。

伯耆国江美城が尼子方の頃は藤井内蔵(藤井蔵人)、毛利方となると藤江蔵人と記され、いずれも同一人物と推定されている。

 

江美神社社記では1536年(天文5年)、伯耆国江美城蜂塚義光と共に居城した記述が見えることから蜂塚氏と同程度の力を持った一族と推測される。

 

1564年(永禄7年)、或いは1565年(永禄8年)の毛利方による江美城攻略戦での記述は見えないが、蜂塚氏滅亡後も毛利方の武将として江美城の城番に藤江蔵人と名が見える。

 

陰徳太平記では毛利方による江美城への総攻撃が始まった段階では尼子方の将兵の投降を一切許さなかった描写が見える。

江美城が毛利方の領有となった後も城番として名が見えることから、事前に調略を受け開戦前後に毛利方へ寝返っていた可能性が推測される。