トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > さ行(す) > 杉原 盛重

杉原播磨守盛重(すぎはら-はりまのかみ-もりしげ)

【氏】不明【姓】不明【名】杉原【通称】播磨守【諱】盛重

【別名】杉原播磨(すぎはら-はりま)、杉原左近(すぎはら-さこん)

【所属】山名氏⇒毛利氏

【官位】従五位上 播磨守、左近亮?

【出身】備後国

【生年】1533年(天文2年)

【没年】1582年1月19日(天正9年12月25日)

杉原匡信の次男で備後国の国人、山名理興の家老。

大内氏との神辺城合戦において活躍すると、その勇猛さを大内方の吉川元春から高く評価された。

 

1557年(弘治3年)、毛利氏傘下となっていた山名理興が死去。

既に継嗣が亡くなっていたことに吉川元春の推挙もあり山名理興の家督(杉原家)を継ぎ備後国神辺城主となる。

正室は毛利興元の娘で彼女は四度目の再婚、四十を超える齢の大年増であったとされるがこれは政略結婚であり、毛利氏がいかに杉原氏との繋がりを重要視していたかが覗える。

 

毛利元就直属の忍衆を束ねた忍頭ともされ、その将兵には野武士や忍び崩れ、山賊、海賊、強盗など実戦経験豊富で命知らずの傾奇者やならず者達を多く召し抱える独特の部隊であった。

足軽には忍びの技を自ら教え修得させたともされ、徳岡久兵衛別所雅楽允、佐田三兄弟(佐田彦四郎佐田神五郎佐田小鼠)など忍び上手な配下が育ち、鏡山城の戦いより本格的に忍びが実戦で運用され始めたとされ、上月城の戦いにおいては忍び部隊による多大な戦果を上げている。

 

傾奇者やならず者とされる配下の将兵には何らかの罪を犯し、素行の悪い者も多かったが仲間内での結束は強固で信義にも厚い人材が揃っていたとあり、彼らを纏めあげていた手腕・裁量・度量の広さなど三国志で言うところ、呉の武将、甘興覇を髣髴とさせる武将である。

 

配下からの信頼は厚かったが家臣に笑った顔を一度も見せなかったと云われ、無表情、もしくは大変怖い面持ちであったことが伝えられている。

吉川元春の家臣達は陰で「能面」や「お面杉原」とあだ名を付けて呼んでいたとも云われる。(盛重の家臣団は恐れて黙っていたとある)

 

毛利方の武将となった後は各地を転戦するが、一連の杉原家相続に異を唱え下野していた山名理興の旧臣、藤井皓玄の謀反によって留守中の神辺城を一時占拠されてしまうが息子達と共にこれを鎮圧している。

 

数々の戦いに参加しており戦に関する記述が極めて多いが、特に対尼子戦での記述が目立つ。

 

1564年(永禄7年)8月、山田満重らと伯耆国江美城を攻略。城主の蜂塚義光は一族と共に自刃している。(森脇覚書)

※陰徳太平記や伯耆民談記では1565年(永禄8年)の出来事として記載。

 

1565年(永禄8年)、尼子氏の本拠地、月山富田城の戦いに小早川隆景の部将として軍役。

 

1569年(永禄12年)、尼子残党の山中幸盛らに一時的に伯耆国尾高城を奪われる。

 

1571年(元亀2年)2月、浄満原の合戦で尼子残党と戦いこれを破る。

同年3月、尾高城の留守中に米子・尾高の城下へ尼子残党が襲撃を仕掛けてくるが、芸陽から帰還すると大将に吉田元重を任命し七百余騎の兵を以って尾高周辺にて尼子残党を殲滅し、敵大将の羽倉元蔭を戦死させる。

 

1575年(天正3年)、吉川元春に従い因幡国の尼子残党攻めにおいて勲功をあげる。

 

1578年(天正6年)、上月城の戦い(熊見川の合戦)において対羽柴軍との戦で活躍。

 

1580年(天正8年)、織田方に寝返った南条元続、その弟である小鴨元清の攻撃を受けるが撃退。

 

知行については寺社と強く結び、領地の堅実な運営を行っている。

 

1564年(永禄7年)、尾高城の城主となり行松正盛の後家と再婚。その遺児も養育したとある。

 

1566年(永禄9年)、伯耆国瑞仙寺の寺領を安堵。(瑞仙寺文書)

 

永禄年間には伯耆国戸上城の城下観音寺村の観音寺で四代目住職(大龍山總泉寺縁起では八世棟室和尚)と出会い、住職の見識の広さ、人徳の高さに惹かれてそのまま観音寺に帰依してしまった話も伝わる。(この縁があって、観音寺は杉原家の菩提寺に選ばれたと云われる)

 

1567年(永禄10年)、比江津神社(現、日吉津神社)主職に田中千代若を預け置く。(蚊屋嶋神社文書)

 

1573年(天正元年)、足利義輝の焼香料として伯耆国興恩寺を光源院へ寄進。(光源院文書)

 

1581年(天正9年)、伯耆国久古荘を大山寺西明院へ寄進。(大山寺文書)

 

この他にも時期は不明ながら尾高城を任されていた頃には岡成神社を崇敬し、社領を寄進し刀剣を奉納すると武運長久を祈ったと云われる。

 

1582年1月19日(天正9年12月25日)、伯耆国八橋城にて病没。家督は長男の杉原元盛へと相続された。

尾高の小鷹山観音寺、八橋の泰玄寺、天万の大安寺、島根県出雲市平田町の大林寺など多くの場所が墓とされ伝わっている。

 

伯耆民諺記では伯耆国羽衣石城の城主、南条宗勝尾高城に招いて毒殺したと記述があるが、これは創作話とされる。

こちらも伯耆民諺記を基にした創作と思われるが、南条宗勝から羽衣石城へ招かれ毒殺されたとする話も残る。