トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > や行 わ行 > 柳生宗章

柳生五郎右衛門宗章(やぎゅう-ごろうえもん-むねあき)

【氏】不明【姓】不明【名】柳生【通称】五郎右衛門【諱】宗章

【所属】小早川氏⇒横田氏

【官位】右衛門尉?(横田家客将)

【出身】不明

【生年】1566年(永禄9年)

【没年】1603年12月16日(慶長8年11月14日)

柳生宗厳(石舟斎)の四男で、柳生厳勝の弟、柳生宗矩の兄。

剣術・槍術に長けていたとあり、米子城騒動では戦場において刀を振るい18余名を斬り捨てた。

戦場に於ける実戦の最中で斬り伏せた人数から柳生一族の中でも最強の一人として名が挙がる人物。

 

1594年(文禄3年)、父の柳生宗厳から弟の柳生宗矩とともに推挙され、徳川家康の剣術指南役として出仕要請を受けるが仕官には応じなかった。(弟の宗矩は二百石で家康に仕官)

武者修行の後、小早川秀秋に召抱えられると関ヶ原の戦いでは小早川秀秋に近侍し警護の任にあたった。

関ヶ原の戦いの後、小早川家が改易され牢人となるが中村一忠の家老、横田村詮に請われ横田氏の客将となった。

 

1603年(慶長8年)の冬、米子城内で行われた慶事の不手際を理由に横田村詮が殺害されると、横田村詮の子、横田主馬助を総大将として横田家遺臣二百余名が飯山砦(内膳丸とも云われる)に立て籠もった。

横田主馬助からは客将であることを理由に砦から辞去するよう勧められているが、横田家への恩義に報いるため横田方に加勢した。

 

籠城から暫く、中村方の将兵だけでは横田方を鎮圧することができなかったが、翌日の12月17日(旧暦11月15日)に中村一忠の要請に応じた出雲国の堀尾氏からの援軍が到着すると大手を中村方、搦め手を堀尾方によって挟撃を受けた横田方はたちまち劣勢となった。

 

吹雪の中、戦場では中村方の遠山小兵衛矢野助之進に手傷を負わせ、中村一忠の小姓の今井次郎渡川三九郎を討ち取っている。

異説には矢野助之進に手傷を負わせたのは高井左吉右衛門とされる。

 

吉田左太夫甘利太郎助の戦いでは甘利太郎助が十文字槍の獲物に戦う最中、横手を引っ掛け絶体絶命の場面で吉田左太夫の鑓を折り助けている。甘利太郎助は江戸の御家人で当時に交流があったと考えられる。

 

数本の刀を差し戦場に赴き敵兵18余名を斬り捨てるが、用意した全ての刀の刃が毀れると従者の森池五郎八と敵中へ突撃、既に満身創痍の身でありながらも最期は中村方の藤井助兵衛と戦い壮絶な戦死を遂げたと伝えられ、この時の太刀捌きが柳生新陰流の古勢「逆風の太刀」として語り継がれる。

甘利太郎助から説得を受けたとするが断り

 

米子城騒動での武勇から当地において柳生新陰流の名声が大いに上がったと云われ、奈良県にある芳徳寺には森池五郎八の石碑と並んで祀られている。

 

討ち死にしたとされる飯山城の麓の案内板には中村方の武将、矢野助之進らと渡り合い、十文字の槍をしごいて中村方を多数討ち取ったと、記されている。