トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > や行 わ行 > 横田 村詮

横田内膳正村詮

(よこた ないぜんのしょう むらあき)

【姓】横田【字】不明【諱】村詮

【別名】横田宗昭(よこた むねあき)

【通称】横田内膳(よこた ないぜん)

【所属】三好氏⇒中村氏

【官位】内膳正

【出身】不明

【生年】1552年(天文21年)

【没年】1603年12月16日(慶長8年11月14日)

阿波国三好郡を本拠とした三好氏(阿波小笠原氏の末裔)一族の家に生まれたとされ、三好康長は甥と云われる。

三好康長の嫡男で阿波国岩倉城の城主、三好康俊の家臣で塩田一閑と共に補佐役を務めた横田宗昭は同一人物と考えられている。

 

1573年(元亀4年)、二十歳の頃に三好康俊(当時、徳太郎)の参詣に付き従い、妙国寺で日珖上人より厳粛な儀式のもと受法を受け、

以後は熱心な(狂信的とも)法華宗徒になったと記述に見える。(日珖上人「己行記」)

 

1578年(天正6年)、大西覚養(元阿波国の国人領主)によって阿波国重清城が奪われると三好方の精鋭300騎兵を率いて阿波国重清城を攻撃、

部将の大島丹波大西覚養を討ったとされる。

この時の部隊を指揮した大将は三好実休の次男、十河存保と記述する資料も。

 

一族の内紛や長宗我部元親の台頭によって三好氏が衰退、滅亡の後しばらくは流浪の身であったと云われる。

 

1583年(天正11年)、豊臣秀吉より中村一氏が和泉国岸和田城の城主に命じられた頃、

「三好家の智勇兼備の士」と噂を聴いた中村一氏により直々に召し抱えられたと云われている。

 

登用の時期には諸説あるが岸和田周辺から雑賀衆・根来衆を退けた頃から中村一氏岸和田城の城主に任命された頃と考えらる。

その後の功績により家老職を任じられ、中村一氏の妹を正室として迎え、近藤善右衛門ら有能な士の推挙も行っている。

また、近藤善右衛門の俸禄の加増については中村一氏へ念を押して嘆願するなど部下の面倒見も良かったようである。

 

中村家への仕官の経緯に不明な点もあるが、岸和田の天性寺に伝わる「蛸地蔵」にまつわる伝説にはこの謎を解けるかもしれない興味深い伝説が残る。

 

一つは『聖地蔵尊縁起絵巻』による建武年問(1333年~1336年)、岸和田城下を含む一帯に高波(大地震による津波とも)が押し寄せてくるが、

海の彼方より大蛸に乗った法師が海岸まで近付くと波風が鎮められ、岸和田城下に被害がほとんど無かったと云われる。

後日、海辺には菩薩像があり傍には蛸がいたとされ、この菩薩像が高波から城下を救ったとする伝説。

(その後、菩薩像は城内に移され信仰されたとある)

 

一つは天正年間(1573年~1592年)、雑賀衆・根来衆の軍勢が岸和田に攻め込み大乱戦となった。

雑賀、根来ら傭兵衆の勢いは凄まじく落城必至と思われたその時、蛸に乗った一人の法師が現れ、迫り来る傭兵衆を次々に薙ぎ倒した。

しかし多勢に無勢。

徐々に傭兵衆が盛り返し法師を包囲しようとしたその時、海原から轟音をたてて幾千幾万無数の”蛸”の大群が押し寄せ、

傭兵衆を誰一人として殺めることなく退却させてしまった。

城を守っていた城主は喜び、その法師を探すがいつまで経っても見つからず終い。

その後のある夜、法師が城主の夢枕に立つと「自分は地蔵菩薩の化身である」と告げたことから、城内の堀に埋もれていた地蔵菩薩像を再び掘り起こし、

丁重に祀ったという伝説。

 

この伝説で注目したいのは二つ目に出てくる伝説。

岸和田城主が中村一氏、法師を横田村詮、幾万の蛸の群れは三好家の残党を例えたのではないかと考えられる。

三好家の家紋が「三階菱釘抜」であり、見方によっては烏賊や蛸に見えなくも無く、戦場でたなびく三好家の旗に描かれた家紋が

「大海に乱舞する蛸の群れ」と、比喩されたものが伝説として伝わったのでは?とも考えられそうである。

また、三好氏一門は狂信的な法華宗徒であったと云われるため、三好一門=坊主=蛸であったと面白おかしく民話や伝承に使われ、

からかうような揶揄が伝わったのではなだろうか?

(三好氏が衰退した一因に三好長治が阿波領内の国人や領民にまで法華宗を強要し支持を失ったとある)

 

豊臣秀吉によって城主を任じられ、城を任せられた中村一氏が三好家の残党に窮地を救われたのでは任命権者の豊臣秀吉の威光に関わることでもあり、

伝説として脚色した形で語り継がれたことも考えられる。

 

中村一氏が三好家における評判(三好家の智勇兼備の士)を予てより聴いていたからとされるが、登用直後の家老職への抜擢や実の妹を正室として嫁がせるなど

通常では考えられないほどの厚遇を受けているが、噂に過ぎない評判だけによる待遇とは到底考えにくい。

中村一氏より短期間にこれだけの信頼を得る出来事を考えると、やはり岸和田城の危機を救った法師とは横田村詮であり、その戦で評判に偽りのない戦功を

挙げたからこそ、中村家に召抱えられたと推論を立てても荒唐無稽で突飛な話と言い切れないことが伝説からは推測できる。

 

1590年(天正18年)、中村一氏が駿河国駿府城の城主に命じられると従い同行している。

若い頃は三好康俊の補佐役として、兵を率いて戦う武将としての記述が目立ち武辺者という印象が見受けられたが、

駿河国内の運営では駿河国田中城を預かり中村一氏に変わって検地帖の作成、交通網の整備、土木施策、農業施策など領国経営に多大な功績を残している。

発給文書も数多く、有能な政治家としての評価を得たとされる。

 

1598年(慶長3年)、豊臣秀吉が没すると中村家の存続を第一に考え、逸早く中村一氏に徳川方へ味方するよう説き、

豊臣方の三中老という重臣の立場にあった中村一氏をしぶしぶではあったが徳川方へと動かしたとある。

 

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで東軍が勝利すると中村一氏の嫡男、中村一忠の後見人と執政家老の職を徳川家康より命じられ六千石を知行されている。

中村一忠の伯耆国転封に付き従い、家老職の矢野正倫らと共に幼年の主君を補佐している。

米子に入ると吉川広家が残した湊山の城郭と城下町の再整備、加茂川の外堀化および運河としての建造(商人町との連携・接続)、米子港の整備、

感應寺の建立など内政面において辣腕を振るい、現在の米子市の基礎を整える多大な功績を残した。

徳川家康には「村詮あってこそ中村家が立ち行くようになった」とも評されている。

 

その一方で伯耆国領内の検地を行った際、尼子氏、毛利氏、吉川氏、徳川氏(※)から代々三千石を認められ独立を許されていた大山寺の寺領に干渉をし、

安堵された以上の石高にあたる寺領の一部を没収している。(山市場の安養寺の寺領にも干渉したとされる)

この検地における寺領没収に対して、大山寺をまとめていた僧、豪円から怒りを買ったとも伝えられる。

豪円は懇意にしていた安井清一郎に影響を与えたともされ、後の米子城騒動の一因になったとも云われる。

(※)関が原の戦いの後、徳川氏は豊臣氏の頃に決められた法をそのまま運用することを認めていたため、正式に徳川氏により寺領の安堵が認められるのは

   1610年(慶長15年)からとなる。

 

米子の城下町を整備するにあたっては、伯耆国の各城下町から有力商人や産業のみを半ば強制に移住させたとも云われる。

かつて西伯耆一の城下町、伯耆国尾高城の城下からも主要産業のみが米子城下へと移され、

「城下は農村に変わり、城に拠る者は生活が立ち行かず、自ら命を絶つ者が後を絶たなかった」

と、城下に残された領民らの生活の苦しさが伺える伝承も残る。

米子城下発展のためとはいえ、強硬的な手法には批判や不満も起こり、服部小膳藪内匠の両名が憤り職を辞したとされる。

 

車尾の深田家に伝わる後醍醐天皇からの御下賜品とされる宝物を借りたまま返さず、屋敷の門前に植えられた桜も権力に物を言わせ奪い盗ったとも云われ、

各所で金銭的な問題を起こしていた事を伺わせる伝承も残る。

(後醍醐天皇からの御下賜品は騒動の際の屋敷火災によって焼失したとされる)

 

1603年12月16日(慶長8年11月14日)、中村一忠と正室浄明院の慶事に不手際があったことを責められるとその場で中村一忠によって斬りつけられ、

深手を負うがこの時は辛うじてその場から逃れている。

横田村詮の刀を携えた侍童が抵抗し天野宗杷に傷を負わせるも、安井清一郎らに侍童は斬り伏せられ、近藤善右衛門から説得を受けたとされるが拒絶、

最期は近藤善右衛門の長刀によって討たれた。

(これには諸説あるが近藤善右衛門の項に記す。また、安井清一郎が右こぶしに傷を負い天野宗杷が侍童を斬り伏したなど入れ替わった記載も見える)

 

享年52歳。戒名は「了性院殿法顔宗栖居士

菩提寺である鳥取県米子市の普平山妙興寺に墓所が残る。

 

米子市では政治手腕にのみ優れた政治家、宰相のようなイメージが強く残っており、荒くれ者揃いの中村家の家臣としては浮いた存在と思われがちだが、

三好家に仕えた時代は兵卒を率いて多くの戦場で戦ったことからも、中村家にあって諸将に引けをとらない智勇兼備の武将像が考えられる。

 

死後、子の横田主馬助や客将の柳生宗章らが飯山城(内膳丸とも)に籠もり抵抗するが、中村一忠は隣国の出雲国富田城主、堀尾吉晴に援軍を要請、

到着の翌日に騒動は鎮圧されている。(米子城騒動、横田騒動)

 

米子城騒動の原因に関しては横田(徳川)側、中村側それぞれで人物の評価が異なる。

 

横田側の記述では

・出世を目論んでいた中村一忠の側近、安井清一郎天野宗杷らが功績を嫉み陰謀を企て謀殺。

・日頃の中村一忠の行いは凶暴であり横田村詮が幾度も諌めたが、遂にはこれに怒った中村一忠が宴の席での不手際を理由に殺害。

 (「徳川実紀」「藩翰譜」にもほぼ同じ記述)

側近の讒言に惑わされたとされる記述では幼い君主、中村一忠の判断力に原因があったとされ、中村一忠が凶暴であったとされるのは

杭瀬川の戦いにおける記述が元になっていると考えられる。(常山紀談)

「徳川実紀」「藩翰譜」では徳川方に都合良く改変されているとも云われる。

 

中村側の記述では

中村一氏からの信頼も厚く、徳川家康から六千石と嫡男中村一忠の後見人に命ぜられており、その権威を振りかざして侫臣を賞し忠臣を遠ざけた逆臣。

 ※横田村詮の悪政に耐えかねた服部子膳藪内匠が憤り職を辞している。

・独立を認められた大山寺領(この時点で大山寺の寺領に徳川幕府の正式な安堵はなされていない)にまで検地を行い寺領を没収するなど政治を私物化した。

 (横田内膳が狂信的な法華宗徒であったことで他宗徒との間に軋轢があったことは考えられる)

・私利私欲で民を貪る悪逆非道な人物。

 (伯耆国内各城下町の有力商人・産業のみを米子へ集約、強制的に移転や移住をさせたことが原因と考えられる)

上記のような酷評がなされ、その非道を見かねた中村一忠により誅殺されたとある。

 

一部の中村家家臣とは伯耆国へ移る以前より何らかの禍根があったとも云われており、横田村詮の暗殺を手引きした黒幕として野一色采女の名前も挙がる。