トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > や行(ゆ) > 行松氏

行松氏(ゆきまつ-し)

【氏】不明【姓】不明【名】行松

【別名】幸松氏(ゆきまつ-し)

【所属】伯耆山名氏⇒毛利氏⇒南条氏

【出身】会見郡中間庄

伯耆国会見郡中間庄を発祥とする在地出身の国人衆。「幸松」とも記される。

 

伯耆山名氏の被官で有力国人衆、伯州衆として記される一族。

伯州衆の中でも最高位の地位を築いた一族で、その歴史は鎌倉時代頃まで遡るとされ、室町時代後期には伯耆山名氏の被官でありながら東伯耆の南条氏と比肩する勢力であったと云われる。

最盛期には伯耆国尾高城、伯耆国八橋城を代々の家城として領し会見郡から八橋郡にかけて広く支配していたことが伺える。

 

室町時代に行松家の家督を継いだ幸松右馬允山名師義の子とされ、幸松右馬允の家督相続以降、行松氏は山名氏一族と同格に扱われることとなり、伯州衆の中でも別格の存在となっていった。

 

山名尚之の被官として、幸松八郎五郎二郎の名が見える。

 

1492年(明応元年)までは伯耆山名氏の被官として記されるが、永正年間頃(1504年~)から段階的に始まった尼子氏の西伯耆侵攻(大永の五月崩れ)により尾高城八橋城、伯耆国七尾城など諸城が落城し、1524年(大永4年)までには国外へ退去したとされる。

 

大内氏の下で武功を上げた行松正盛は後に大内氏を見限り毛利氏へと属している。

1562年(永禄5年)の夏、毛利方の助力を得て家城の尾高城を尼子氏から奪還、38年ぶりに一族の本拠地である尾高城の城主へと返り咲いた。

 

尾高城を回復した翌年の1563年(永禄6年)に行松正盛は病没。後任には杉原盛重が任命された。

行松正盛の遺児、九郎二郎十郎二郎杉原盛重と再婚した後家と共に養育されるが尾高城杉原盛重に乗っ取られる形となり一族は勢力を衰退させていくこととなった。

 

天正年間、一族の中には家城の尾高城奪還を画策し東伯耆の南条氏を頼った者もあった。

 

1584年(天正12年)、船上山付近の細木原城の戦いに参陣。

 

1585年(天正13年)、伯耆国内最後の戦となる香原山城の戦いでは汗入郡方面に侵入し、伯耆国香原山城の城主、福頼藤兵衛を討ち取ると一時は香原山城を占領している。

しかし毛利方の援軍を引き連れた福頼元秀らの反撃によって香原山城から撤退、伯耆国羽衣石城の南条氏を頼った。

 

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いでは南条氏と共に西軍に与するが西軍の敗北によって南条家は改易。

南条氏に与した一族も同じく没落となった。