トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~日野郡江府町篇~ > 美女石城

◆ 美女石城

【 概 略 】

草創は不詳。毛利氏の家臣、天竺元氏が在城したと云われる。

 

北から西にかけての大谷川、東の日野川を天然の川堀として利用し、南側は切岸や石垣で備えている。

大谷川を挟んで北に居館(天竺屋敷)を置いていたことから、当城は詰めの城と考えられる。

 

伯耆志には久連村の条、古城の項に以下の記述が見える。

「美女石城と号す。天竺三郎四郎元氏、天正の初年、此の地に住居すと云へり。残礎の存する所を美女石と云ふ。天竺氏、当時佐川村を領し、当村は生山村の住人景行知行せしと云へり。天竺氏の事、佐川村住田氏の條下見るべし」

 

生山村の住人景行は山名景幸と思われる。

 

日野郡史 前篇には、久連の美女石城に以下の記述が見える。

「字美め石(美女石)に在り。東に面し山麓前は日野川なり。天正の初年頃、天竺四郎三郎元氏の居城ありし由」

 

1582年(天正10年)、或いは1585年(天正13年)、天竺元氏が伯耆国から備中国へ移った以降の詳細は不明。

 

1601年(慶長6年)、中村氏による伯耆国の統治が始まると中村家の執政家老、横田村詮から下安井の太郎左衛門へ宛て、佐川と美女石の境界を日野川とする裁許状が発給されている。(5月20日付)

 

「巳上

 下安井之内美女石従佐川論地之由候 境目者日野河切申付候 間巳来可或其意者也

 内膳正村詮  丑 五月廿日  下安井役人 太郎左衛門 」(横田内膳正村詮裁許状)

 

地元の伝承では後醍醐天皇が通った道とする言い伝えがあり、主郭に残る祠は「あたまのかみ(上の神)」と呼ばれている。

後醍醐天皇に縁があるとも云われ、対をなす「しものかみ(下の神)」も存在すると云う。

 

地元では「美女石」を「びじょぅし」「びじょし」などとも呼ばれている。

 

江府町史(昭和50年発行)では天竺屋敷の位置を当城として写真を掲載していたが新修江府町史(平成20年発行)では記述が見えなくなっている。

【 遠 景 】

佐川からの遠望

西からの遠望

主郭の石垣

美女石

【 見どころ 】

石垣

城砦に関係する往時からの設備か不明ですが、多くの石垣や礎石が見えます。

「あたまのかみ」を祀る祠が鎮座する東の郭跡(主郭)、主郭と西の郭跡(二ノ丸)を結ぶ土橋には石垣、二ノ丸から更に西の山中には石材を礎石にした土塁・土壁が見られます。

【 概 要 】

名 称美女石城(びじょいしじょう・びじょしじょう・びじょぅしじょう)

所在地:鳥取県日野郡江府町久連

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(毛利氏)天竺元氏

形 態:丘城

遺 構:郭跡、切岸、川掘、石垣、土塁、虎口

現 状:畑地、山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志・鳥取縣神社誌

・日野郡史 前篇(昭和47年4月発行:日野郡自治協会)

・江府町史(昭和50年12月発行:江府町史編さん委員会)

・新修江府町史(平成20年6月発行:江府町史編纂委員会)

・江府町の文化財探訪[第1集](平成元年3月発行:江府町文化財保護審議会)

・新修鳥取県神社誌 因伯のみやしろ(平成24年6月発行:鳥取県神社誌編纂委員会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

美女石城縄張図

江府町の文化財探訪[第1集]

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

天正元年

1573年

天正10年

1582年

天正13年

1585年

慶長6年

1601年

5月廿日、横田村詮から下安井の太郎左衛門へ宛て、佐川と美女石の境界を日野川と決める裁許状が発給される。

【 写 真 】(訪問日:2015/06/28、11/15) 

南側の民家裏に登城道

登城道から主郭へ続く

主郭に「あたまのかみ」と云われる祠

祠の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭から南一郭への土橋

土橋

南一郭の切岸

南一郭切岸の礎石

南一郭は多段(畑跡?)

切岸に礎石跡が見える(畑跡?)

南一郭の多段の様子

南一郭の多段の様子

南一郭の石垣(東腰郭上部)

南一郭から東腰郭

南一郭から西腰郭(畑地)

南一郭から南西へ古道

南西の山中に堀切

南西の山中に虎口?

南西の山中の土塁?

南西の山中に虎口?

南西の山中に虎口(下から)