トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~日野郡日野町篇~ > 根雨要害

◆ 根雨要害

【 概 略 】

一般には字要害に所在することから「根雨要害」と呼ばれ、別名で「根雨城」とも云われる。

 

伯耆志及び日野郡史には以下のような記述が見える。

「要害と呼べり驛の東二丁許の山地なり。古炭の出る事往々あり。五輪塔あり」(伯耆志「根雨驛」の条)

「字要害に在り、西に面する山嶺なり。馬田次郎兵衛の居城ありし由」(日野郡史、日野町誌)

 

治山工事のための林道整備によって西の主郭(とされる空堀を持った郭跡)と東の郭跡群に分けられ、林道の場所には元来、堀切があり土橋も通っていたと推測もできるが堀切の北側は一部が埋められ、土橋も開削されて現在のような切通状の林道になったと考えられる。

 

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)では西の郭跡を主郭と推定している。

東の郭跡群の方が標高は高いが郭跡の造りが雑であると評され主郭とは認められていない。(一般的に山城の主郭は標高の高い方に置かれる)

 

西の主郭とされる郭跡は街道を見張る櫓などの索敵施設を置き、東の郭跡群はここより東に所在する伯耆国上代ヶ原城との連携を考えての運用と推測されている。

【 遠 景 】

主郭とされる西の郭跡

造りが雑と酷評の東の郭跡

主郭南側の竪堀

主郭を囲む空堀

【 見どころ 】

根雨要害

主郭とされる西側の郭跡からは根雨の町並みが一望できます。

あまり整備はされていないので夏頃は入口を見つけるのも苦労します。

【 概 要 】

名 称根雨要害(ねうようがい)

別 名:根雨城(ねうじょう)

所在地:鳥取県日野郡日野町根雨

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主馬田次郎兵衛

形 態:山城

遺 構:郭跡、堀切、空堀、竪堀、土塁、土橋、井戸跡?

現 状:山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志

・日野町誌(昭和45年5月 日野町誌編纂委員会)

・日野郡史(昭和47年4月 日野郡自治協会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

根雨要害略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

馬田次郎兵衛の居城と云われる。(伯耆志)

【 写 真 】(訪問日:2014/05/17、2014/05/24)

主郭と推測される西の郭跡への登城口

主郭の切岸沿いに登城道が続く

登城道を進むと北の竪堀

主郭を囲む空堀(土塁の上から)

西側の腰郭

空堀付近から主郭へ続く登城道

主郭の様子

主郭は丁寧な造成がされている

主郭の土塁

主郭東側

竪堀の東に堀切(林道で一部改変)

堀切は谷底まで続く

西の主郭と東の郭跡を繋ぐ土橋状の郭跡

土橋状の郭跡の様子

東-西二ノ郭(土橋の東側)から土橋

東-西二ノ郭(土橋から)

東一ノ郭(造りが雑と酷評される)

東一ノ郭の井戸跡?

東一ノ郭と東二ノ郭を隔てる堀切

東一ノ郭と東二ノ郭を隔てる堀切

東一ノ郭の南側腰郭

東一ノ郭の北側腰郭

東一ノ郭から北の出丸への道