トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~日野郡日野町篇~ > 八代峯城

◆ 八代峯城

【 概 略 】

伯耆国下黒坂城より200mほど北上した丘陵に城郭が所在したと云われる。

地元の伝承では平宗盛の属将が城主と伝わることから、平安末期頃の城砦が起こりと推定される。

 

伯耆志の下黒坂村の条、古城の項に以下の記述が見える。

「八代ノ峰(やしろのみね)と号す村の北四丁許にあり。伝詳ならず」

 

城砦の所在した城山はたたら製鉄のための真砂土採取によって削られ、江戸時代中期までにはほぼ消滅したと云われている。

採られた真砂土は鉄穴流し(かんなながし)によって日野川を下り、その土砂が弓ヶ浜半島(米子市にある皆生一帯、もしくは日吉津や淀江の伯耆国小波城以北とも)を形成したとする一説も唱えられている。

 

城砦に関する残存遺構は東側の堀切、その堀切に溜まった敵兵を射るための矢場(矢倉)の郭跡、北側の堀切と北西の畝状竪堀が推定されている。

 

東側堀切の西、矢場とされる郭跡には旧社の躯体が朽ちた状態で残存している。

昭和に入ると新社へ移され、主郭が所在したとされる平削地(郭跡)から南へ一段下った麓の郭跡に神社が鎮座している。

 

地名の「八代(やしろ)」の由来として、城砦の所在した城山では矢の材料が取れ、無尽蔵に矢を生産できたことから「矢代」が元であるとする話を伺った。

平削された主郭跡には細身の竹が群生していることから、地元に伝わる地名の説の元になったことが伺える。

【 遠 景 】

南側からの遠景

南西側からの遠望

北西側からの遠望

北側からの遠望

【 見どころ 】

北堀切と畝状竪堀

たたら製鉄のための真砂土採取によって江戸時代中期頃までに城砦は姿を消したと伝わります。字名を「城山」と云い、往時は山城を構えるほどの比高があったと推測されますが、真砂土採取によって現在の高さに至るまで徹底的な採取・破壊が行われたようです。

辛うじて東側、北側の堀切は城砦に関する残存遺構とされています。

北側の堀切の西側には畝状に竪堀が2~3条見えますが、真砂土採取による痕跡の可能性も考えられるそうです。

【 概 要 】

名 称八代峯城(やしろみねじょう/やよみねじょう)

別 名:八代ノ峰城(やしろのみねじょう/やよのみねじょう)

所在地:鳥取県日野郡日野町下黒坂

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主平宗盛の属将

形 態:丘城

遺 構:土塁、郭、堀切、二重竪堀(見方によっては畝状竪堀)、井戸跡

現 状:山林・神社

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志

・日野郡史 前篇(昭和47年4月発行:日野郡自治協会)

・鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【城娘】

 

【 縄張図 】

八代峯城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

不明

不明

不明

不明

江戸時代中頃までには鉄穴流しにより平削され、ほぼ消滅したと云われる。

【 写 真 】(訪問日:2013/07/05)

西側の様子

南西側の様子

南側の様子

天王神社の社

天王神社境内

天王神社境内

境内には井戸跡の名残

天王神社から一段南の郭跡

主郭の様子

主郭の土塁(東側)

主郭の土塁(北側)

北西の畝状竪掘

北西の畝状竪掘

北西の畝状竪掘

北西の畝状竪掘より北の堀切

堀切(北側)

堀切(北側)

堀切(北側)

西側の横堀状の溝

天王神社旧社の郭跡(矢場)

集落には石垣

水田用の石垣