トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~東伯郡琴浦町篇~ > 旧東伯郡赤碕町 > 條山城

◆ 條山城

【 概 略 】

船上小学校(旧成美小学校)より西側の丘陵、條山の北端から山上にかけて所在したと云われる。

赤碕町誌では「太一垣城跡」の条に伯耆国箆津城の支城とし、地元の人は「條山城跡」と呼称する、としている。

 

條山の山頂周辺に城があったこと、條山と城山の音が同じ事から一部に「城山城」とも呼称されるようである。

 

城砦は両側に以西谷、中村谷を造り、船上山に通ずる丘陵の北側突端にあり、山頂からは成美、安田両地区の平野を眼下に見渡せることから戦国時代の武将が好んで選んだ形状の山城とされ、その後の吉川氏、南条氏による東伯耆の領有争いでも難攻不落の城であったと伝えられる。

城跡は一帯を含めて4~5町歩程あり、一部は耕されて果樹園や野菜畑になっているが、土塁や堀跡は昔の面影を残している。(赤碕町誌[妙見山の合戦と成美太一垣城]より)

 

現地を歩くと西に黒川、東に神田川が流れており、両川を天然の川濠とし防御力を高める一方、運河として物流にも利用したことが推定される。

 

伯耆民談記では元々「條山城」と記述されていたが、改版を重ね編纂者が変わるにつれ「条山城」へ変化している。

 

伯耆民談記 八橋郡古城之部 条山城の条

「立子庄太一垣村にあり。当城は吉川駿河守元春、天正八年南条伯耆守元続と鉾楯に成り小鴨岩倉の城の向城として之を築き岡本大蔵田根兵部に人数を副へて置かれる。其後、森脇越後守居住し岩倉を押へたり」

 

築城時期は1580年(天正8年)が推定されており、当初は岡本大蔵田根兵部が在番していたが、1582年(天正10年)の妙見山合戦の頃は森脇越後守が居城とある。

秋里新左衛門戦務書述の事」では周辺の合戦状況、妙見山の城の条では森脇越後守から増援の派遣について報告が見える。

 

伯耆民談記 八橋郡古城之部 秋里新左衛門戦務書述の事

「一、景盛御打果しの時、八橋郡上郷ノ妙見山を受取可攻旨森脇越後守殿より三澤備後守殿某兩人に被仰付馳向候て城にも入不申山下至。南條殿自身に被出候処、三澤殿は岸中に逗留城より南條殿方に末の仕手、近藤と申仁罷出候を道にて岩垣何助私兩人申合取すすめ速時に彼城へ入受取申事森脇具に可被存知事」

「一、同月船上山細木原の城に行松殿被出候に付(略)」

「一、明春赤崎の原にて八橋より南條衆罷出候処、箆津の城山より此方の衆罷出渡合(略)」

 

伯耆民談記 八橋郡古城之部 妙見山城の条

「(略)天正十年、條山の森脇越後守より秋里新左衛門三澤備後を遣し攻城しけるに(略)」

 

1582年(天正10年)2月、吉川元春八橋城箆津城とも)へ入ると羽衣石の南条氏と度重なる合戦(妙見山合戦)を行っており、太一垣の当城を居城とした森脇越後守も増援の命を受け参戦、部将の秋里新左衛門三沢備後守を派遣している。

 

因伯古城跡図志では太一垣村古城跡として図示と概要が見える。

「太一垣村古城跡竹木草有。両谷ノ間山ニテ谷口ノ山鼻也。山裾ニ川有。嶮山ニテ無之。山ノ高十七間位、山上ノ平地長百間余、横二十間位」

 

眺望の良さ、旧赤碕町の中央に位置したことから公園化の構想もあったようだが実現せず今日も城砦の遺構は多く残っている。但し、法面の崩落が至る所で起きているため将来的に郭跡の端に積まれた土塁の破壊、消滅が危惧される。

(赤碕町誌にある旧成美小側の登山道も崩落のためか登城は厳しく、太一垣集落側からの作業道を通る方が安全)

 

主郭から北側に一段下った郭跡には川合清丸(かあいきよまろ)の顕彰碑が鎮座する。

成美神社の神職で神儒仏三道を習合して大道社を創立した人物と云われるが当城との関係は不明。

【 遠 景 】

南西(黒川)からの遠望

北東(神田川)からの遠望

北西からの遠望

桜と條山と大山

【 見どころ 】

周囲を囲む土塁と郭を隔てる堀切

條山の北端部に所在し、山頂の平削地の端を土塁で囲んだ城砦です。

東側の地形は崩落によって損なわれ不明瞭ですが、枡形虎口の痕跡を持つ郭跡が主郭、主郭から南の平入虎口の痕跡を持ち、太一垣側から竪掘の接続する郭跡が二ノ丸と考えられます。

縄張図南端の郭と二ノ丸の間には二重の空堀があり、堀は東西の谷部まで繋がります。

西側の谷部は自然地形かもしれませんが、巨大な竪掘にも見えます。

東の岩倉城に対する向城(陣城)と伝わることから東側に対する防御に特化した城砦であったと思われますが、崩落や護岸工事によって一部損なわれている印象を受けます。

赤碕町誌に「小学校前を左に曲がって山際を南に100mばかり行った所で坂道を登る」とありますが、素直に太一垣集落側の作業道を登った方が無難です。

【 概 要 】

名 称條山城(じょうやまじょう)

別 名:太一垣城(たいちがきじょう)、条山城/城山城(じょうやまじょう)

所在地:鳥取県東伯郡琴浦町太一垣

築城年:1580年(天正8年)※伯耆民談記の岩倉城に対する向城築城に記述が見える。

廃城年:不明

築城主:不明(吉川元春が推定される)

城 主:(吉川氏)岡本大蔵田根兵部森脇春親

形 態:丘城

遺 構:郭跡(帯郭、腰郭)、土塁、虎口、堀切、切岸

現 状:山林、原野、竹林、公園(川合清丸石碑)

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆民諺記・因伯古城跡図志(1818年 文政元年)

・伯耆民談記(昭和2年10月 佐伯元吉・昭和35年3月 因伯文庫)

・赤碕町誌(昭和49年11月 赤碕町誌編纂委員会)

・鳥取縣神社誌

・新修鳥取県神社誌 因伯のみやしろ(平成24年6月 鳥取県神社誌編纂委員会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

條山城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

天正8年

1580年

天正10年

1582年

南条氏の将兵が拠る伯耆国妙見山城への攻撃に際し、当城からの増援として秋里新左衛門三沢備後守が派遣されている。この頃の城主は森脇春親。(伯耆民談記)

【 写 真 】(訪問日:2019/04/13)

竹宝山水月堂への参道

竹宝山水月堂

竹宝山水月堂の境内の様子

竹宝山水月堂が北端の郭跡

竹宝山水月堂南側の切岸

竹宝山水月堂西側の切岸

太一垣集落側の作業道

作業道は九十九折れ

作業道途中の土壁

作業道(北郭と主郭への分岐)

主郭へ続く土橋

作業道を登ると北郭

北郭北側の切岸

北郭北側の切岸とその先の腰郭

北郭(石碑建立による改変有)

北郭東側の土塁

北郭東側の土塁

北郭には川合清丸の顕彰碑

川合清丸の顕彰碑

作業道から土橋(主郭北西虎口から)

土橋の先には主郭北西虎口

主郭北西虎口

主郭西側の方形窪地

主郭西側の方形窪地

主郭と方形窪地の高低差

主郭から方形窪地へ平入虎口

方形窪地西側の内堀と土塁

方形窪地西側の土塁

方形窪地の西側には土塁を挟んで帯郭

方形窪地から西側の帯郭

方形窪地の西側土塁と西側の帯郭

帯郭の南側は破竹藪

帯郭の西側土塁

方形窪地と西側帯郭を隔てる堀

西側帯郭の西側には腰郭

帯郭の様子(主郭西側)

帯郭の西側土塁

帯郭の西側土塁

帯郭の西側土塁

帯郭の西側土塁

帯郭の西側土塁上に石

主郭北側の様子(1段高い)

主郭北側の様子(1段高い)

主郭中央部

主郭南側の様子(1段低い)

主郭南側の様子(1段低い)

主郭東側の土塁(北側)

主郭東側の枡形虎口

主郭東側の枡形虎口

主郭東側の枡形虎口

主郭東側の枡形虎口

主郭東側の枡形虎口

主郭東側の土塁(南側)

主郭東側の土塁(南側)

主郭東側の土塁(南側)

主郭東側と南側の土塁の接続部

主郭南側の土塁(東側)

主郭南側の土塁(東側)

主郭南側の土塁(中央)

主郭南側の土塁(中央)

主郭南側の土塁(西側)

主郭南側の土塁(西側)

主郭南側の様子

主郭南側の様子

主郭南東側の堀跡

主郭南東側の堀跡

主郭南東側の堀跡

二ノ丸(主郭南側)の様子

二ノ丸北側の様子

二ノ丸西側の様子

二ノ丸東側の平入虎口

二ノ丸東側の平入虎口

二ノ丸東側の土塁

二ノ丸東側の土塁

二ノ丸南側の土塁(東側)

二ノ丸南側の土塁(中央)

二ノ丸南側の土塁(西側)

二ノ丸南側の土塁(西側)

二ノ丸南側の土塁上から南の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二ノ丸南側の二重堀切

二重堀切(東端)

二重堀切(西端から竪堀へ)

二ノ丸西側の竪堀

南端の郭跡の様子

南端の郭跡の様子

南端の郭跡の様子(南端)

南端の郭跡の様子(西端)

南端の郭跡の土塁

南端の郭跡の土塁

南端の郭跡(西端から西に連郭帯)

遠景(東斜面の崩落)

城跡から北西に鎮座する成美神社

成美神社の社殿

東側には神田川が流れる