トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~米子市篇~ > 旧西伯郡淀江町 > 平岡城

◆ 平岡城

【 概 略 】

淀江風土記では東谷村の条に古城跡と城主についての記述が見える。

・町政百周年記念 淀江風土記 東谷村の条

「古城跡有。福頼左衛門

 

城主は福頼左衛門としているがいつの時代の人物か不明。所在地についても不明。

淀江風土記の発行元(淀江庁舎)に問い合わせたが、古文書の記述から転載したまでの経緯しか追えず引用元も不明。

 

現地の聞き取りからは以下の3説が聞かれた。

・福頼~平岡に跨った伯耆国福頼城の事ではないかとする説

・百塚遺跡周辺ではないかとする説

・旧三輪神社の社地跡(神宮さん跡)ではないかとする説

 

百塚遺跡の大部分と旧三輪神社の所在地については小波村に属するため、東谷村(現在の平岡)内で城跡と考えられる場所は見当たらない。

 

平岡地内を歩いた感じでは壷瓶山の南側、登山道の登口辺りに平削地らしい地形が多数見受けられた。

福頼~平岡に跨ったとする説を採れば壷瓶山の山麓南~南西側に在り、山への侵入を防ぐ施設が考えられる。(但し、こちらも大部分は福頼)

江戸時代には凶作が起こる度、坪上山(壷瓶山)に拠って農民が一揆を起こしていることから、以前より村の城のような簡素な施設が所在したことも推測される。

【 遠 景 】

南側からの眺め

墓地の入口(福頼)

昔の墓碑(福頼)

壷瓶山への道(車の通行不能)

【 見どころ 】

福頼荒神宮

壷瓶山の南東、福頼と平岡の境界付近(福頼側)に鎮座します。

境内は細い郭の連郭になっていて、福頼城と連携すると言うよりは壷瓶山の何かを守るための施設ではないかと思います。

場所も福頼城と相対するような位置に所在するので同じ城域内に所在と纏めていいのかも悩みます。

近くに壷瓶山へ登るための道路もありますが、荒れに荒れ果てているのでこちらからのルートは色々と不安になるのでオススメしません。

【 概 要 】

名 称平岡城(ひらおかじょう)

所在地:鳥取県米子市淀江町福頼、鳥取県米子市淀江町平岡

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主福頼左衛門尉

形 態:丘城

遺 構:不明(連郭の郭跡と切岸、堀跡のような溝が見える)

現 状:福頼荒神宮、墓地、山林、畑地

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・町政百周年記念 淀江風土記(平成元年12月 淀江町役場)

【城娘】

 

【 縄張図 】

不明

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

福頼左衛門の居城とされる。(淀江風土記)

【 写 真 】(訪問日:2014/11/03)

東側の帯郭

東側帯郭の切岸

東側の帯郭

東側の帯郭

堀跡?

切通の通路

墓地

福頼荒神宮の鳥居

福頼荒神宮境内の様子