トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > あ行(あ) > 粟屋元辰

粟屋元辰(あわや-もとたつ)

【氏】不明【姓】不明【名】粟屋【通称】不明【諱】元辰

【所属】毛利氏⇒吉川氏

【官位】不明

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

毛利隆元の家臣。

 

1569年(永禄12年)、毛利軍の筑前国からの撤退戦にて奉行を勤め、撤退に必要な船舶を調達した。

筑前国の国人、麻生氏宗像氏の両家を始め、筑前芦屋の町衆らの支援により毛利軍を長門まで退却させることに成功させ軍功を上げている。

 

別の文書ではこのときの退却戦において高橋紹雲立花宗茂の実父)率いる大友軍に豊前小倉まで執拗に追撃され、毛利軍には多大な損害が出たとされるが撤退戦後の毛利軍の動きからこの説は疑問が残るとされる。

 

1582年(天正10年)、毛利氏に対して謀叛を企てた杉原景盛の討伐後は伯耆国佐陀城の城主に任じられた。

この頃、毛利家臣から吉川元長の与力になったとされる。