トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME >武将列伝帖> さ行(す) > 杉原 元盛

杉原弥八郎元盛(すぎはら-やはちろう-もともり)

【氏】不明【姓】不明【名】杉原【通称】弥八郎【諱】元盛

【別名】杉原又三郎(すぎはら-またさぶろう)、行松九郎二郎(ゆきまつ-くろうじろう)、横山掃部亮元盛(よこやま-かもんのすけ-もともり)

【幼名】徳若(とくわか)

【所属】毛利氏

【官位】掃部亮

【出身】不明

【生年】不明

【没年】1582年(天正10年)

毛利氏の家臣、杉原盛重の長男。伯耆国尾高城の城主。

 

嫡男とする記述も見えるが尾高城の城主、行松正盛の子で「行松九郎二郎(幼名は徳若)」とされる。

行松正盛の死後、行松正盛の後家と再婚した杉原盛重によって養育され、後に「横山掃部亮元盛」を称している。(伯耆民談記)

父親譲りで武力に優れ、忠節にも篤かった人物と評される一方、欲の深い人物でもあったと云われる。

 

山名理興の遺臣、藤井皓玄らが叛乱をおこした神辺城奪回戦では弟の杉原景盛と共に軍功を上げた。

 

1580年(天正8年)、吉川軍による因幡国鳥取城後詰戦にも弟と共に従軍している。

 

1581年(天正9年)、伯耆国八橋城で父、杉原盛重が没すると杉原家の家督を受け継ぐが、相続した知行の殆どを自らの手に収め、弟の杉原景盛には僅かの財産しか与えなかった(全く与えなかったともされる)ことが兄弟間の確執へ繋がったとされる。

 

1582年(天正10年)、杉原景盛菖蒲左馬允の共謀により尾高城の本丸へ誘い出されると襲撃に遭い、待ち伏せしていた刺客を幾人も斬り伏せるが最後は力尽き、尾高城の二ノ丸の門付近で討たれた。

 

二人の子供も一緒に殺害されたと云われる。