トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > さ行(そ) > 祖式長好

祖式九右衛門長好(そしき-くえもん-ながよし)

【氏】不明【姓】不明【名】祖式【通称】九右衛門【諱】長好

【別名】祖式九右衛門長吉(そしき-くえもん-ながよし)

【所属】吉川氏

【官位】右衛門尉

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

吉川家の家臣。吉川家の文章では「祖九」「祖九右」と記述される。

伯耆国米子城の普請奉行であった山縣春佳が関ヶ原の戦いで不在となるため、後任として普請奉行を引き継いでいる。

 

1600年(慶長5年)9月12日に吉川広家より直筆の書状を受け取っており、書状には戦勝祝いや西軍の動向、普請中であった米子城の進捗に対して緩まず滞りなく進めるよう記されている。(吉川広家書状 慶長5年9月12日)

米子城の普請については山縣春佳(山九/山県九左衛門)と香川春継(香又)からも念を押されている。

 

関ヶ原の合戦の後、吉川広家が岩国へ移封となると従い岩国へ移り、その後も普請奉行として城砦の築城に関わったとある。