トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > は行(ふ) > 福頼藤兵衛

福頼藤兵衛(ふくより-とうべえ)

【氏】不明【姓】不明【名】福頼【通称】藤兵衛【諱】不明

【別名】福頼藤兵衛尉(ふくより-とうべいのじょう)

【所属】尼子氏?⇒毛利氏⇒吉川氏

【官位】兵衛尉

【出身】汗入郡福頼

【生年】不明

【没年】1585年7月(天正13年)

伯耆山名氏に仕えた国人衆(伯州衆)、福頼氏の一族。伯耆国香春山城の城主。

福頼沙弥を祖とする汗入郡宇多河荘福頼周辺に拠って勢力を保った一族と推定され、一族が外構村(現在の富繁)に伯耆国富繁城を築城したとも云われている。

 

香春山の合戦を記した古文書では福頼元秀の部将とされ、伯耆国北尾城(高尾城)、香原山城の城主として名前が残る一方、福頼元秀を同一人物とする説もある。

 

1582年(天正10年)、伯耆国尾高城の城主であった杉原元盛が謀殺されると、弟の杉原景盛は伯耆国佐陀城に拠って毛利方に反旗を翻した。

出雲国月山富田城小早川隆景吉川元長らが杉原景盛討伐の軍議を諮っていた際、月山富田城に在城した武将の一人として登場している。

 

1585年(天正13年)7月、西伯耆に駐屯していた毛利方の軍勢が四国征伐のため手薄になった隙を狙い、行松氏が手勢千騎余りを率いて西伯耆へ侵入したため香春山城で迎え撃った。

福頼元秀の率いる援軍も合流するが付近の牢人衆が南条方に与したことで戦況は不利となり、兵糧も尽き進退に窮すると香原山城に火をかけ城を放棄している。(一連の行動は福頼元秀主導の行動とも)

尾高城へ向けて撤退の最中、敵兵の追撃を受け討死した。

北尾城(高尾城)での出来事とする説もある。

 

香春山城は落城し、行松氏が奪うが落ち延びた福頼元秀が毛利本隊を引き連れ数日のうちに回復、この戦を以って西伯耆での大規模な戦は終結したと云われている。

 

香春山の合戦については諸説あり、福頼元秀と混同されたり援軍の到着と討死の時期が前後するなど経緯がそれぞれ異なり、この戦いでは「福頼藤兵衛尉」と記される。

 

米子市淀江町福岡にある武崎神社の境内には本来の福頼塚から移動された供養塔(首塚)と伝わる五輪塔が現存する。