トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~日野郡篇~ > 銀杏ノ段

◆銀杏ノ段

 

【 概 略 】

伯耆国江美城の北側の出丸とされ、舟谷川(船谷川)を挟んだ丘陵に所在したと云われる。

東側、南側を舟谷川、西側を日野川、北側を小江尾川が流れることで四方を天然の川堀で守られ、丘陵尾根も急峻な断崖で守られた天然の要害とされ、毛利氏の文書では「蜂塚要害」とも記述が見える。(但し、銀杏ノ段か城ノ上、どちらを指すか不明。どちらも併せた総称も考えられる)

 

江美神社の由緒を辿ると1484年(文明16年)に蜂塚安房守が在城したとされる伯耆国江美城は元々はこの銀杏ノ段に築城された城と考えられる。

 

城主の蜂塚氏は代々、江美神社を城砦鎮護・武運長久のため厚く祀っていたとされる。

城砦鎮護が目的であれば社は城域内に鎮座している事が自然と考えられるため、江美神社の前身である磐船神社、王子権現が銀杏ノ段に所在した事から磐船神社を勧請した進氏から蜂塚氏の治世の頃は伯耆国江美城が銀杏ノ段に所在したと推測できる。

 

陰徳太平記などの記述から四代目の蜂塚右衛門尉義光の治世の頃(永禄年間)、政庁としての機能は現在の「城ノ上」へ移っていたと考えられる。

当城は伯耆国江美城の北の防衛拠点として引き続き軍事施設などが残された事も推測できる。

 

1564年(永禄7年)8月、毛利氏による江美城攻略の際には兎丸と併せて攻略され、毛利方による江美城攻めの拠点の一つとされている。

(陰徳太平記や伯耆民談記などでは1565年(永禄8年)の出来事とされ、記述には1565年(永禄8年)8月、毛利方による伯耆国江美城攻めにおいて本丸攻略の前に制圧された拠点のひとつとして登場。蜂塚氏一門が籠もる本丸に向け当城、兎丸、天狗ヶ滝から砲撃・射撃を行ったとある)

 

日野郡史 前篇では江美神社の項に以下の記述が見える。

「所在地 江美村大字江尾字銀杏ノ段

 石上神宮勧請 磐船神社と唱へ後、王子権現と称す。大正4年5月23日、上の段へ移転、当城址名によりて江美神社と改む」

 

また、江美神社社記の項に以下の記述が見える。

「本村(江美村)より十町許り上に方り、入江といふ所にあり。銀杏の大樹があった事から是に因み銀杏の段といふ」

 

鳥取県神社誌では江美神社の由緒として銀杏ノ段から上ノ段へ移転した経緯が見える(要約)

1868年(明治元年)、神社改正の際、江尾社と改められる。

1872年(明治5年)、村社に列す。

1873年(明治6年)、江尾神社と改称す。

1915年(大正4年)5月、久連、貝市、小江尾などの神社と合併し現在の場所に移転し江美神社と称す。

 

伯耆民談記では江美城の条に以下の記述が見える。

「古戦書に日野郡江美城と云ふは此江美城の事なるへし。当城は本柳原村にあるとも云へたり」

 

蜂塚氏滅亡後、当城についての詳細は不明。

【 遠 景 】

江府町役場からの遠望

江美城本丸からの遠望

貝田方面に向かう左側の丘陵が銀杏ノ段

【 縄張図 】

江美城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 概 要 】

名 称銀杏ノ段(いちょうのだん)

別 名:銀杏段丸/銀杏殿丸(いちょうのだんまる)、蜂塚要害(はちつかようがい)、江見城(えみじょう)、江見要害(えみようがい)

所在地:鳥取県日野郡江府町江尾字銀杏ノ段

築城年:文明16年(1484年)

廃城年:不明

築城主蜂塚安房守

城 主:(尼子氏)蜂塚安房守蜂塚三河守蜂塚丹波守

形 態:丘城

遺 構:郭跡、土塁、堀切

現 状:畑地、山林

種 類:指定史跡なし

登城難易度⇒★★★(難しい)

【参考文献】

陰徳太平記、伯耆志、伯耆民談記、伯耆民諺記、森脇覚書、江美城銀杏段丸跡試掘調査報告書(平成13年3月:江府町教育委員会)、新修鳥取県神社誌 因伯のみやしろ(平成24年6月:鳥取県神社誌編纂委員会)、江府町史(昭和50年12月:江府町史編さん委員会)、新修江府町史(平成20年6月:江府町史編纂委員会)、日野郡史 前篇(昭和47年4月:日野郡自治協会)

【 地 図 】 日野郡内の城跡

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

文明16年

1484年

鉄山と開田の技術に長けた国人衆、蜂塚氏の一族、蜂塚安房守によって築城されたと云われる。

大永4年

1524年

大永の五月崩れでは伯耆国内の諸城が次々と落城する中、当城も尼子方へ属したと伝える。

蜂塚安房守の頃より尼子方と誼を結んでいた可能性が考えられる。

永禄年間 不明 蜂塚右衛門尉義光の頃までには字城ノ上へ移転したと考えられる。(江美神社由緒など)

永禄7年

1564年

8月、毛利方に制圧され蜂塚氏一門の籠もる伯耆国江美城本丸へ向けて砲撃が行われた場所の一つと云われる。

※1565年(永禄8年)とも。

【 写 真 】(訪問日:2016/04/12)

登城口

登城道を登ると二ノ丸

二ノ丸は蕎麦畑?江尾十七夜も行える広さ

二ノ丸から本丸へ

本丸から西に二段下がった帯郭跡の様子

本丸から西に二段下がった帯郭跡の様子

本丸から西に一段下がった帯郭跡の切岸

一段下がった帯郭跡の土塁(三本確認できる)

一段下がった帯郭跡の堀切(三条確認できる)

一段下がった帯郭跡の堀切

一段下がった帯郭跡の堀切

一段下がった帯郭跡の堀切

一段下がった帯郭跡の堀切

本丸跡

本丸の先には3つの小規模な郭跡

かつて王子権現の所在した郭跡?