トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > や行(や) > 山田 満重

山田民部丞満重(やまだ-みんぶのじょう-みつしげ)

【氏】紀?【姓】不明【名】山田【通称】民部丞【諱】満重

【所属】毛利氏

【官位】民部丞

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

毛利家の家臣で伯耆国堤城を本拠地とした伯耆山田氏の一族。

堤城、伯耆国河岡城の城番を務めたと伝わる。

 

1554年(天文23年)6月5日(9月15日とする説もある)、厳島の戦いの前哨戦となる明石口の戦い(折敷畑の戦い)や1555年(天文24年)10月16日(10月1日)の厳島の戦いにおいて大功を挙げたと記述が見える。

安芸国内での戦いで多くの戦功を挙げている。

 

毛利氏が尼子氏の本拠地、出雲国へ侵攻した際は伯耆の主力として活躍。

1563年(永禄6年)、河岡城へ入り出雲国安田要害山城(伯耆国新山要害)、伯耆国手間要害を攻撃。

1564年(永禄7年)までには行松正盛杉原盛重南条宗勝一条市助、三村氏、入江氏の諸将らと共に安田要害山城手間要害、伯耆国小鷹城(丸山城)など柏尾周辺に拠る尼子方の軍を駆逐したとある。

 

後に大友家の重臣、高橋鑑種を毛利方へと寝返らせることに成功したと云われる。