トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~日野郡日野町篇~ > 鏡山城

◆ 鏡山城【訪問日:2013/04/13】 

【 概 略 】

伊勢国亀山の領主、関一政が黒坂藩主として転封された後に新しく建造された城砦。

 

西側の山頂に所在する伯耆国黒坂城は中世以前から存在する城で日野山名氏のよる築城とされる。

【 遠 景 】

東側からの遠望

東側からの遠望

東側からの遠望

虎口

【 見どころ 】

鏡山城跡

関氏による築城と云われ、関氏の改易後は池田家の重臣、福田氏によって陣屋が構えられました。

【 概 要 】

名 称鏡山城(かがみやまじょう)

別 名:黒坂陣屋(くろさかじんや)※関氏改易後

所在地:鳥取県日野郡日野町黒坂

築城年:1612年(慶長17年)築城開始、1614年 (慶長19年)完成、黒坂陣屋は1618年(元和4年)

廃城年:不明

築城主関一政

城 主:(関氏)関一政(池田氏)福田久次福田久重、福田久隆、福田久武、福田久品、福田久茂、福田久命福田久寧、福田久鎮、福田久徴、福田久就山上半太夫

形 態:平山城

遺 構:土塁、郭、虎口、堀、井戸

現 状:山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・伯耆志

・日野町誌(昭和45年5月 日野町誌編纂委員会)

・日野郡史(昭和47年4月 日野郡自治協会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

鏡山城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

慶長15年

1610年

慶長17年

1612年

慶長19年

1614年

元和4年

1618年

家中不統一を理由に氏は改易され当城も破却が行われた。

以後は鳥取藩池田氏領となり池田家重臣、福田氏が自分手政治を行った。

廃城後は陣屋部分を築き、城奉行の山上半太夫を常駐させ明治初期まで代々黒坂を治めた。

福田氏が11代、城奉行の山上半太夫も世襲により代々襲名した。

【 写 真 】(訪問日:2013/04/13)

虎口

陣屋跡には東屋

東屋と陣屋跡

陣屋跡から黒坂城

陣屋跡から黒坂の町並み

陣屋の石垣

北側からの遠望

案内板

案内板

案内板

石組の井戸跡

石組の井戸跡