トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~倉吉市篇~ > 田内城 > 同好会活動日誌

◆田内城【訪問日:2013/05/06】 登城難易度⇒★★☆☆☆(普)

仏石山の丘陵南端頂部主郭跡に築城されているのは櫓風の模擬天守。

城の姿を記す史料が見つかっていないためこのようなデザインになったとされているが…。

山頂からは打吹城(写真右側の山が打吹山)も確認できる。

城の規模は小さいが、郭跡、土塁、堀切、空堀、横堀、竪堀、石垣、礎石、石列遺構、石敷遺構など、

多彩な遺構を短時間で楽しむことが可能。

南西部登城口~登城道。

道は狭くやや急勾配だが、竪堀や空堀、礎石の残骸などの遺構を見ることができる。

主郭南側に点在する郭群。

主郭北側、一段下がった郭跡が二ノ郭(二の丸)。案内標識は健在。

二の丸の土塁。

主郭北側、二の丸から一段下がった郭跡が三ノ郭(三の丸)。案内標識は朽ちてお疲れの模様。

空堀は周囲に張り巡らされていたため、各所で確認できるが西側に多く現存している。

南西側登城口にある釈迦堂。

田内神社はここから少し離れた丘陵東側にあるが、田内神社からの登城口は無い。

岩壁の岩は岩阿弥陀といって『南無阿弥陀佛』の文字が彫られている。

1544年(天文13年)に城下町、見日千軒を襲った天神川と小鴨川の氾濫で起こった大洪水によって

亡くなられた方を供養するため、1714年(正徳4年)に倉吉町民が奉納したとされる。

町民が刻んだ文字とする説と、平安時代の宮廷画家、巨勢金岡が描いたとする言い伝えなど諸説ある。

―概 要―

名 称:田内城(たうちじょう)

別 名:巌城(いわきじょう)

築城年:1337年(建武4年)

所在地:鳥取県倉吉市巌城

築城主:山名時氏

城 主:伯耆山名氏…山名時氏山名師義

文 献:「新編 倉吉市史」第2巻(1995年版)

形 態:丘城

遺 構:郭、土塁、堀切、切岸、空堀、横堀、竪堀、石垣、礎石、石列遺構、石敷遺構

現 状:山林、墓地

種 類:史跡指定なし

地 図:

―年表―

年号 西暦 出来事

建武4年

1337年

上野国山名城主山名時氏が伯耆国守護となった際、治所として築かれた。

完成後は嫡男、山名師義を城主とした。

延文年間

1356年

1361年

山名師義打吹城を築城。打吹城の完成とともに廃城となった。

一度は廃城したとされるが、遺構から戦国期に改修が施されたことが

判っており、戦国期に打吹城の出城として運用されたと思われる。

天文13年

1544年

城下には見日千軒(みるかせんげ)と呼ばれる城下町が広がっていたが、

天神川と小鴨川の氾濫による大洪水によって全て流出してしまった。

南条氏によって城下町は打吹山麓へと移された。

正徳4年

1714年

天文13年の大洪水による犠牲者の供養として倉吉町民が岩阿弥陀を

奉納。

昭和62年

1987年

模擬天守の築城。

―同好会活動日誌―

しろ☆わた ~城と私と想い街~【2013/06/01更新】