トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 ~西伯郡篇~ > 福尾城 > 同好会活動日誌

◆福尾城

※福尾城の城域は全て個人所有地となります。所有者の許可無く登城はされないようお願いします。

 

【 概 略 】

福尾集落では「城山(じょやま)」と呼ばれる山に城砦が所在したとされ、堀跡、上屋敷(かみやしき)の地名が残る。

新谷能登守の居城跡と云われる。(続大山町誌)

 

元寇(1274年(文永11年)の文永の役、1281年(弘安4年)の弘安の役と二度にわたる蒙古襲来)に対する海岸線の防衛拠点として

伯耆国富長城、伯耆国長野城、伯耆国末吉城などと同時期に築城された城砦と考えられている。(大山町誌、淀江風土記)

地元の伝承では某城(伯耆国小波城?)の支城(出城)とされる話が伝わっていた。

 

地名となっている福尾の「福」の字には中国が秦の時代、不老不死の薬を求め日本に流れ着いたと云われる「徐福」伝説に因む伝承も残る。

 

島津又七郎家久の伊勢参詣道中記を記した「中務大輔家久公御上京日記」では、1575年(天正3年)6月20日に

「廿日、朝立、はやなせといへる城有、其町を過行に(略)」と記され「大つか」の場所が特定されると当城が「はやなせの城」である可能性も出てくる。

また、1575年(天正3年)まで廃城されていない事にもなる。

 

※「はやなせの城」を「八橋(やなせ)の端(は)の城」と解釈するなら伯耆国石井垣城の可能性もあり、町と云う表現から規模として福尾村よりも

岩井垣村や潮音寺村(あるいは双方を併せた表現?)の方が町と呼ぶには相応しいとも考えられる。

【 遠 景 】

主郭は畑地となっている

阿弥陀川側から見た主郭

主郭東側は断崖となっており、阿弥陀川が

天然の堀として機能していたと考えられる

【 縄張図 】

【 概 要 】

名 称福尾城(ふくおじょう)

別 名:はやなせの城?

所在地:鳥取県西伯郡大山町福尾

築城年:1274年(文永11年)以降 ※蒙古襲来以降の築城か?

廃城年:不明(1575年(天正3年)以降?)

築城主:不明

城 主新谷能登守

文 献:大山町誌(昭和55年10月 大山町誌編さん委員会)、

    続大山町誌(平成22年9月 大山町誌編集委員会)、淀江風土記(1989年 淀江町)、

    中務大輔家久公御上京日記

形 態:平山城

遺 構:郭跡、空堀、堀切、土橋(郭跡は畑地に改変、東側の空堀は通路に使用)

現 状:畑地

種 類:文化財指定なし

登城難易度⇒★★(普通)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

文永年間

弘安年間

不明

1274年(文永11年)の文永の役、1281年(弘安4年)の弘安の役、二度にわたる蒙古襲来の脅威から、

元寇に対する海岸線の防衛拠点として築城された城砦群の一つと考えられている。

~戦国時代

不明

城山(じょやま)に某城の出城として城砦が所在したと伝わる。

地元の伝承では新谷能登守の居城とされる。

天正3年

1575年

6月20日、島津家久が伊勢参詣の道中に城下を通過した可能性がある。

【 写 真 】(訪問日:2013/12/01)

主郭南東部の一段高い方形の区画

主郭南東側の一段高い方形区画

方形区画

主郭から阿弥陀川(北東側:崩落の危険有)

主郭から阿弥陀川(南東側:崩落の危険有)

土橋

主郭の空堀(土橋より南側)

主郭の空堀(土橋より北側)

主郭の空堀(主郭西側)は生活道路として

使われていたようで国道9号線へ通じる

主郭西側の空堀(主郭とニノ郭の堀切?)

空堀を挟み主郭の西側に所在する西ニ郭

西ニ郭も畑地として改変を受けている

西ニ郭西側の空堀は東側の空堀に比べると浅い

西ニ郭西側の空堀

西ニ郭西側の空堀

西ニ郭西側の空堀

西ニ郭西側の空堀

(おまけ)集落内に石垣の礎石が残る

(おまけ)石垣は社の礎石?櫓台にも見える

【同好会活動日誌】

お城についての情報を福尾集落で聞いたところ、

「どこかの城の出城があった」と、残ってるみたいだね。

城跡を探す際に福尾集落の方々には色々と教えて頂いたけど、

「城山(じょやま)と呼ばれる山にお城(砦)があった」と、伝わるみたいね。

城主や歴史的背景、何処の城の出城だったのか…詳細の一切が不明なお城だけど、

地理的に考えると名和氏箆津氏のお城だったかも知れないわね。

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)には

遺構が”全壊”とされてるけど。。。

主郭とニノ郭は畑地として開墾され改変、空堀は国道9号線に繋がる集落の

生活道路に使われていたそうなので、それに伴う改変があったという事でしょうね。

確かに「当時のまま遺構が残っている」とは言い難いのかもしれないけど、

空堀や郭跡の輪郭はよく残っている印象よ。

 

これは余談だけど、平成25年の夏は阿弥陀川の水が少なく歩いて渡れたそうで、

阿弥陀川から城山の城跡を見たところ…東側の崩落が進んでいるらしいの。

崩落は年々、少しずつだけど徐々に進んでいるそうなので…

近い将来、城跡が崩れ消えてしまわないことを祈りたいわね。

主郭の崩落は気になるし、そもそも主郭やニノ郭は畑になっていたけど、

2条の空堀(特に主郭側)は見応えあったよね。

遺構は興味のある人が見れば「よく残っているな」と、少しは楽しめる程度かも

しれないけど、実際のところは城域の全てが個人様所有の土地になるので…

気軽に訪れることができないのは悩みどころかもしれないわね。

あ、所有者の許可無く勝手に城域に入るのだけは絶対NGですからね!