トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡南部町篇~ > 旧西伯郡西伯町 > 柏尾砦

◆ 柏尾砦

【 概 略 】

現在の福田正八幡宮を中心として伯耆国米子城の隠し城として建造されたと云い伝えられる。

隠し城とされる性質上、城に関する情報は長く秘匿されていた。

 

当時の旧街道跡とされる鳥居から続く道に隣接する高台には矢場が配されていたと伝わる。

境内の郭跡には部隊を収容するための広い空間(郭)が設けられていたとされ、現在も名残が残るとされる。

社務所や社殿は兵の詰め所も兼ねていたと伝わり、社務所南側にある畑地は昭和の始め頃までは腰まで沈む沼地であったとする。

 

米子城から当砦までは最短の隠し道が山道に存在したと云われ、米子城が落城した場合は代替拠点として機能するよう設計がなされており、更に当砦も落城し兼ねない事態となった場合は城主が速やかに本拠地であった出雲国月山富田城へ退却できるよう、当砦~新山要害~広瀬へ抜ける隠し道も存在したと云われる。

 

当砦より200mほど南には伯耆国小鷹城が所在する。

米子城の築城では小鷹城の天守建物が移設されたという説(伯耆国尾高城を指すとする説あり)も存在することから、米子城の代替城とされたのは小鷹城で、当砦は城域内に所在した出城の一つであったとも考えられる。

 

毛利氏と尼子氏が西伯耆で覇権を争った時代の会見郡は激戦の地であり、山々には両陣営の砦(固屋)が無数に存在した事は文献に散見でき、その砦群の中でも特に重要な砦の一つと推測される。

【 遠 景 】

南東からの遠景

福田正八幡宮の社務所

かつて沼地の水田跡

福田正八幡宮

【 見どころ 】

福田正八幡宮(相見氏邸の庭園)

米子城の代替施設と伝わり、第二城、墓場城など異名を持ちます。

写真は相見氏宅の庭。福田正八幡宮の相見様のご厚意により庭園を見せていただきました。

(一般公開はされていません)

当時の徳川政権下では身分格式に厳しく一般的に庭を持つことは禁じられていました。

福田正八幡宮は朝廷から賜った所領(神領地)であったため、幕府や藩からの干渉受けることは無く、今日まで庭園を有することができたと云われています。

庭園も素晴らしいですが相見様の住宅も大変貴重な建物であり、古代豪族の紀氏に由来があるとも

云われます。(相見氏も紀氏の末裔とする)

そのために学術調査や国宝など文化財指定のために県の人や学者さんなどが来ることもあるそうですが、現時点では文化財への登録はお断りしているそうです。

【 概 要 】

名 称柏尾砦(かしおとりで)

別 名:墓場城(はかばじょう)、第二城(だいにじょう※米子城の隠し城の意味)

所在地:鳥取県西伯郡南部町福成

築城年:不明(天正年間)

廃城年:不明

築城主吉川広家

城 主:(毛利氏)山田重直(吉川氏)山田盛直

形 態:平山城

遺 構:郭跡、堀、石垣、井戸跡

現 状:福田正八幡宮、山林

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・会見町誌(昭和48年12月 会見町誌編さん委員会)

・会見町誌 続編(平成7年10月 会見町誌編さん企画委員会)

・福田正八幡宮の栞・相見家と庭園

【城娘】

 

【 縄張図 】

不明

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

不明

不明

建久年間

1190年頃

戦国時代

1400年代

1500年代

天正18年

1590年

江戸時代

1600年代

明治元年

1868年

昭和54年

1979年

「福田正八幡宮」と旧称に復した。

【 写 真 】(訪問日:2013/06/16)

境内の石塔

境内の祠

矢場があったとする高台

参道(旧街道)に石垣

北側の山中の方形郭跡

北側の山中の方形郭跡

北側の山中の方形郭跡

北側の山中の石垣跡

北側の山中の石組の井戸跡

相見氏邸の庭園

相見氏邸の庭園

相見氏邸の庭園