トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡南部町篇~ > 旧西伯郡西伯町 > 村尾城

◆ 村尾城

【 概 略 】

村尾海六紀成盛)が所在したと云われる城砦のひとつ。

 

伯耆国小鷹城と伯耆国丸山固屋の中間に所在していることから、小鷹城の支城の機能を有していたことが推測される。

【 遠 景 】

西側の墓地付近

東側の登山道の祠

東側の登山道

東側の登山道

【 見どころ 】

伝・村尾海六の居城

平安時代頃に活躍した紀成盛の居城の一つと伝えられます。

吉川氏統治の頃は立地的に山田重直山田盛直小鷹城と併せて管理したと推測されますが一切記述に出てきません。

小鷹城の城域内の施設としてまとめられてしまっている可能性はあります)

【 概 要 】

名 称村尾城(むらおじょう)

所在地:鳥取県西伯郡南部町福成

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(紀氏)紀成盛

形 態:丘城

遺 構:郭跡、堀切、切岸、竪堀、虎口

現 状:山林、原野

種 類:史跡指定なし

【参考文献】

・会見町誌(昭和48年12月 会見町誌編さん委員会)

・会見町誌 続編(平成7年10月 会見町誌編さん企画委員会)

【城娘】

 

【 縄張図 】

村尾城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

中世

不明

紀成盛村尾海六)の居城と伝える。

【 写 真 】(訪問日:2013/08/18)

東からの三ノ郭の切岸

東からの三ノ郭の切岸

西側の墓地付近から主郭へ

西側から主郭へ

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭と二ノ郭の堀切

主郭と二ノ郭の堀切

二ノ郭の様子

二ノ郭の様子

三ノ郭の様子