トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡大山町篇~ > 旧西伯郡中山町 > 下市城

◆ 下市城

【 概 略 】

築城は鎌倉時代頃と推定される。

伯耆国天守山城の南側の郭跡(三ノ郭)周辺に城砦、或いは城館が所在し、安土時代頃に天守山への増築が行われた後、主郭が移されたと推測される。

 

北側の二ノ郭との境界には空堀があり、西側には山下に通じる通りと虎口があったとされる。

境界の空堀は畑地造成のため埋め立てられ消滅、虎口も水路の造作で改変が伺える。

【 遠 景 】

南側からの遠望

主郭(三ノ郭)南側は畑地

主郭(三ノ郭)北側は荒地

南側の農道

【 見どころ 】

南北で築城時期の別れる城砦

南側の郭跡は鎌倉時代頃の築城とされ、北側の天守山を含む城郭は安土時代頃の築城とされます。

城主は尼子氏統治の頃は森脇氏、吉川氏の統治になると森脇若狭守の名前が見えます。

南側は畑地への改変が著しく、縄張図に描かれた土塁は消滅。

【 概 要 】

名 称下市城(しもいちじょう)

別 名:天守山城(てんしゅやまじょう・てんもりやまじょう)

所在地:鳥取県西伯郡大山町下市

築城年:鎌倉時代

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(尼子氏)森脇氏(吉川氏)森脇若狭守

形 態:平山城

遺 構:郭跡、土塁、枡形虎口、空堀(消滅)

現 状:畑地、山林

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・因伯古城跡図誌・陰徳記

・大山町文化財ガイドマップ

【城娘】

 

【 縄張図 】

下市城略測図(天守山城略測図より)

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

鎌倉時代

不明

安土時代

不明

天正年間

不明

城主の森脇若狭守は吉川家の家臣であり、吉川元春に付き従い安芸へ戻ったと云われる。

森脇若狭守の退去と合わせて当城は廃城になったと云われる。

【 写 真 】(訪問日:2013/12/15、2018/04/28)

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡(2013)

三ノ郭と二ノ郭を隔てた堀跡(2013)

堀跡の形跡

西側の枡形虎口

枡形虎口から山下通路

山下通路の様子

山下通路の様子

主郭(三ノ郭)の様子

主郭(三ノ郭)の様子