トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡大山町篇~ > 旧西伯郡中山町 > 天守山城

◆ 天守山城

【 概 略 】

城域が築城時期によって南北に分かれると推定されている。

鎌倉時代に築かれた旧城砦と安土時代に天守山へ築かれた新城砦、新旧の城砦を繋げるニノ郭をあわせた城域が当城としている。

 

縄張図ではニノ郭に南北の郭跡を区切る空堀と西側から旧城砦へと続く枡形虎口が記載されているが、畑地の所有者によって埋められ改変を受けたことを確認しており、現状では遺構の確認をすることは難しい。(名残と言われるとそれらしくは見える程度に面影は残る)

ニノ郭の広さは「長九十間 横六十間」と記載される。

 

鎌倉時代築城の南側城郭や天守山へ続くニノ郭は畑地所有者の開墾によって大きな改変を受け、農道も馬車が通れるようにと大幅に整備されている。

 

天守山の主郭は元来、長方形の郭跡であったと因伯古城跡図誌に記されるが、北東を流れる下市川が氾濫するなどして侵食や崩落が起こり、北東側は抉られ現在の三角形の地形になったと推測される。

そのため主郭の西側、南側には土塁が残り、主郭への備え(防御の高さ)を感じさせるが北側、東側には防御施設が一切見られない不自然な形状となっている。

【 遠 景 】

北側からの遠望

南側からの遠望

南東側からの遠望

南側の堀状地形

【 見どころ 】

南北で築城時期の別れる城砦

南側の郭跡は鎌倉時代頃の築城とされ、北側の天守山を含む城郭は安土時代頃の築城とされます。

城主は尼子氏統治の頃は森脇氏、吉川氏の統治になると森脇若狭守の名前が見えます。

【 概 要 】

名 称天守山城(てんしゅやまじょう・てんもりやまじょう)

別 名:天子山城(てんしやまじょう)、下市城(しもいちじょう)

所在地:鳥取県西伯郡大山町下市

築城年:鎌倉時代(南側)・安土時代(北側)

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(尼子氏)森脇氏(吉川氏)森脇若狭守

形 態:平山城

遺 構:郭跡、堀切、土塁、平入虎口、土橋、枡形虎口、空堀(消滅)

現 状:畑地、山林

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・因伯古城跡図誌・陰徳記

・大山町文化財ガイドマップ

【城娘】

 

【 縄張図 】

天守山城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

鎌倉時代

不明

安土時代

不明

天正年間

不明

城主の森脇若狭守は吉川家の家臣であり、吉川元春に付き従い安芸へ戻ったと云われる。

森脇若狭守の退去と合わせて当城は廃城とされる。

【 写 真 】(訪問日:2013/12/15)

二ノ郭の様子

二ノ郭の様子

二ノ郭の様子(2018年の様子)

二ノ郭の様子(2018年の様子)

主郭への登山道

主郭への登山道

南側の土橋

南側の土塁(東側)

南側の土塁(西側)

南側の土塁(西側)

南側土橋の堀切(西側)

南側土橋の堀切(東側)

北側の土橋

北側の土橋

北側土橋の堀切(東側)

北側土橋の堀切(西側)

北側土橋の堀切(西側)

主郭南側の平入虎口

主郭南側の平入虎口

主郭南側の土塁

主郭南側の土塁

主郭南側の土塁

主郭南側の土塁

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭西側の土塁

主郭西側の虎口

主郭西側の虎口

主郭北東側の崩落部

【 写 真 】(訪問日:2018/04/28)

南東堀切を埋める廃棄物

南東堀切を埋める廃棄物

南東堀切を埋める廃棄物

南東堀切を埋める廃棄物

南東堀切(残存部)

主郭の様子

主郭の様子

主郭の様子

主郭西側の土塁

主郭南西の土塁

主郭西側土塁の虎口

主郭南側土塁(東側)と虎口

主郭南側土塁(西側)と虎口

主郭から土橋

二ノ郭から土橋

主郭側の堀切

主郭南側土塁

主郭南側土塁

主郭南側土塁

主郭南側土塁