トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > か行(か) > 片山平左衛門

片山平左衛門(かたやま-へいざえもん)

【氏】不明【姓】不明【名】片山【通称】平左衛門【諱】不明

【別名】片山平右衛門(かたやま-へいえもん)

【所属】伯耆山名氏⇒毛利氏

【官位】左衛門尉?

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

伯耆山名氏に仕えた伯州衆、片山氏の一族。

伯耆国石井城石井要害砦)の城主。山田満重の部将として伯耆国河岡城の城番も務めた。

 

1524年(大永4年)、大永の五月崩れと伝わる尼子氏の西伯耆侵攻により居城を追われ、但馬山名氏を頼り国外へ退去。

 

1562年(永禄5年)頃、山陽を平定した毛利氏が尼子氏の出雲国へ侵攻を開始すると伯耆国の諸城は相次いで尼子氏から離反、西伯耆で重要とされた城砦の一つ、河岡城も毛利方へと与している。

この頃は毛利方に与し、河岡城の城主、山田満重の部将として度々戦功を挙げており、山田満重の不在時は城番を任されるなど信頼も厚かったようである。

 

1563年(永禄6年)、毛利方の兵糧集積地であった河岡城の外城が尼子方の部隊によって度々襲撃を受けるが、城番として防衛部隊の指揮にあたり、敵勢の攻撃から河岡城を堅守している。

同年の閏12月1日の夜、出雲国長台寺城(伯耆国新山要害山城)を攻撃、1563年~1564年(永禄6年~永禄7年)にかけ、天万周辺に拠った対尼子戦で活躍している。

 

1564年(永禄7年)4月、尼子方の籠もる天万固屋(手間要害の支城、高固屋とも)を焼討、柏尾城(伯耆国小鷹城)や丸山固屋(伯耆国小應城)など諸城を陥とす戦功を挙げており、この働きが柏尾一帯から尼子氏勢力の駆逐する重要な戦果となった。

後に毛利元就より「彼の衆中心懸け更に以て比類なく候」と賞賛され、褒美として感状と鎧兜を賜っている。

 

書状には「片山平□□門(□は判読不能箇所)」と記述が残っており、「左衛」か「右衛」かの判断が分かれる。

現時点では「平左衛門」と考えられている。

 

毛利元就から感状と褒美を賜るほど高い評価を受けた武将であるが西伯耆からの尼子掃討後の詳細は不明。

 

片山某(なにがし)とも云われ片山小四郎片山彦四郎のいずれも同一人物とする説もあるが、似たような記述で全く異なる内容が見られることからいずれも別人物と考えられる。

※片山平左衛門として名前が出る場合は一貫して毛利方の武将として記述される。

 

郷土資料では伝説上の人物とする記述も見える。