トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > か行(く) > 内蔵允

内蔵允(くらのじょう / くらのすけ)

【氏】不明【姓】不明【名】不明【通称】内蔵允【諱】不明

【所属】進氏(古引氏)

【官位】内蔵允

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

伯耆国石井屋敷の城主(屋敷主)と伝わるが本名不詳。

 

伯耆志の石井村 屋敷跡の条には以下の記述が見える。

「村中畠の字なり。古引氏の臣、内蔵允と云いし人の墟なりと云えり」

 

紀成盛の娘が赤松政則と離縁し伯州長者原(坂中)へと戻る際、道中の供として有田氏と共に従った古引永綱の家臣、或いは一族の者と考えられる。