トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 城娘図鑑 > 堀尾 仁美(大龍山總泉寺

城娘図鑑だよ~!

【 大龍山總泉寺イメージキャラクター:堀尾 仁美(ほりお ひとみ) 】

illustration:猫招き

【仁美の一言メモ】

 

伯耆志や伯耆民諺記がまとめられた江戸時代の頃から謎とされる曹渓院さん。

その方のお名前を冠したお寺なのですが、曹渓院さんがどのような人物なのかあまりわかっていません。

 

一般的な説では城主、中村一忠さんのお母さんと云われていますが確証となる資料はほとんどありません。伯耆志や伯耆民諺記でも異説ありと注釈が付いている時点で当時から謎だらけの人物です。

そのため側室かもしれない、養母かもしれない、などなど、多くの説が今でもささやかれていたりします。

 

感應寺さんと同じで米子城の南側の防衛を意識した設計がなされたようで、あちらは実戦に特化した郭配置、こちらは軍備を整えるため広大な郭を配置したのが特徴です。

 

米子城騒動の時には広い郭があったことからお隣の出雲国から堀尾親子が援軍として800名あまりの兵を率いて駐屯したようです。

 

米子城を外敵から守るために設計されたのに、まさか身内同士で戦うために使われることになるなんて…悲しいですね。